ピアノはうたう

ピアニスト小原由起子のブログです。演奏活動やレッスン、日々の暮らしで大切に想っていることを綴っています。

憧れのガトーショコラが目の前に!

一斉休校から2週間が過ぎ、連日舞い込む仕事キャンセルの連絡にも慣れてしまいました

悔しいとか残念という気持ちにも慣れてしまった自分がまた情けない😢

このままではいけない!お金はないけれど時間はあるのだから!と山行きを敢行しました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324154454j:image

インスタやYAMAPで若い山ガールさん達に人気の黒斑山(くろふやま)。入山規制のある浅間山を一番近くで見ることのできる山だそうで、彼女たちは雪の浅間山を「ガトーショコラ」と呼びます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324154722j:image

毎夜、寝る前にその美しい勇姿を見てはうっとりとため息をつき眠りにつく私を見て、普段はスキー派と山派に分かれる夫が「行ってみるか」

思いがけない積雪のあった翌日、高峰高原を目指して出かけました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324154811j:image

黒斑山は標高2404mですが、登山口がすでに2000m近い。夫の雪山デビューにはちょうど良いはず。

下界は春のような陽気だというのに、降ったばかりのもふもふの雪。とはいえ人気の山ですからトレースはしっかりついていて迷うこともなく安心です。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324154840j:image

初めのうちは「アイゼンって快適だな」「わぁ八ヶ岳がこっち側から見えるね」と余裕たっぷり雪原を楽しく歩いておりました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324154907j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200324154912j:image

ところがだんだん登りがキツくなり無言に、そして、たびたび休憩。急登ではないのだがもふもふ雪が慣れない私たちには結構歩きづらい。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155005j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200324155001j:image

まだかなぁ、この先の開けたところかな、と言いながらやっとこさ辿り着いたのが避難用シェルター。浅間山の万が一の噴火の時に逃げ込めるようになっていました。

今回はそこでフリースを一枚脱ぎます。

2000m級ということで防寒対策万全にしてきたら春の日差しで暑いのなんの、汗だくです。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155039j:image

さて、身も軽くなりそろそろ…と思ったら、出ました!浅間山の頭が見えました!

こうなるともうテンションアップで歩みも進みます。

そして…

出たぁ‼️

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155114j:image

夢にまでみたガトーショコラが目の前に。

縞々模様が美しい。

裾野のフォルムが美しい。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155228j:image

ここからはずっと浅間山を見ながらトーミの頭、そして山頂へと登ります。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155329j:image

右側が切り落ちていて絶壁です。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155300j:image

写真で見ていて少し恐怖感があったのですが、登ってみたら道幅もあるし余程の突風が吹かなければ大丈夫なレベル。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155515j:image

さっきまでのつらい登りはどこへやらハイテンションでトーミの頭に到着。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155544j:image

さすがに風が強く、のんびり休憩という雰囲気ではなく、雄大な眺めひたすら写真に撮り、次なる目的地山頂に向かいます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155602j:image

もう稜線に出ているのでたいした登りもなくまもなく登頂。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324165227j:image

あそこが噴火口?白い雲みたいのが噴煙?

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155748j:image

今日は時間切れでここで下山しますが、本当ならこの先の蛇骨岳、仙人岳まで行くと、また浅間山の見え方が違うらしい。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155857j:image

夏にはそこから浅間山の裾野に広がる湯の平を経由して縦走もできるらしい!

ぜひ行ってみたい!

f:id:amefuri5kumanoko:20200324155935j:image

後ろを振り返れば降りてきたトーミの頭、そしてその向こうに佐久の街並みが、八ヶ岳は遠く霞んでしまいました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324160047j:image

さぁ、油断しないで下りも慎重に。

とはいえ夫はご機嫌でつい歌が出ます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324160145j:image

下りの苦手なビビリの私もアイゼンを履いているので足元もしっかり踏めて怖くない。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324160215j:image

ひたすら森の中を降りて行きます。

だんだん足が疲れてきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324160251j:image

今年はたくさん雪遊びをしました。

雪山デビューしてよかった。一緒に登ってくれた仲間や夫にも感謝です。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324160347j:image

何よりアイゼンはじめ装備のおかげ。

無事に下山、高峰温泉で温まって帰途につきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200324160410j:image

観光地応援クロカンツアー敢行!

2020、3月。

ほとんどの仕事がキャンセルになりました〜。お金は入ってこないけれど時間はたっぷり、そして心も疲れリフレッシュを望んでいるとなれば…

ずいぶん前から計画予約していたクロカンツアー、思い切って行って来ました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311225932j:image

日光霧降高原にあるペンション「トロールの森」は子連れに優しい配慮のあふれるお宿。キッズプレイルームはもちろん、こども図書館か?というほど絵本がたくさん。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230004j:image

それだけではない、グランドピアノやチェンバロまで備えた専用音楽ホールもある。バロック音楽古楽器の演奏者が音楽合宿をされているそうです。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230032j:image

でも今回は音楽ではなく、ペンションオーナー主催のクロスカントリースキーツアーがお目当て。

最近雪山の魅力に取り憑かれている私たち、今度はクロスカントリーに挑戦です。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230051j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200311230054j:image

美味しいディナーをいただいたあとは、翌日のクロカンツアーの予習と靴合わせ。

初めて見る板もストックもスキーのそれとは違いが歴然。滑り方の理論とコースの説明はしっかり頭に入ったけれど、実際に身体がいうことを聞くかしら?と不安もあるけれど、雪原をゆったりと歩く楽しみでワクワクしながら眠りにつきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230132j:image

翌朝、ペンションから奥日光方面に移動、雪の少ない今季、クロカンをやれる場所がかなり限られているとのことで、最適なところに案内していただきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230151j:image

戦場ヶ原からさらに奥に入った光徳牧場。まずは広々とした平らなところで足慣らしです。

今日もまたお天気に恵まれ青空と白い雪原、美しさにうっとりしているとバランスを崩して転びそうになります。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230205j:image

歩を進めるのはゆっくりでも重心移動が難しい。「皆さん慣れてきたので森の中に行ってみましょう」オーナーの後について川のほとりや樹々の間を滑っていきます。さっきより狭いところを通ったり、少しずつアップダウンも出てきます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230401j:image

スキーと圧倒的に違うのは、板にエッジがないこと。止まらない怖さがあります。

スピードはさほど出ない代わりにバランスを取るのがとても難しい。余計な力が入っていると尚更うまくいきません。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230425j:image

汗だくになった頃「皆さん、なかなかいい感じですよ!お昼にしましょうか」と待ちに待ったランチタイムの到来です。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230535j:image

こちらのツアーの魅力の一つに「雪原の中で食べる美味しいランチ」があります。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230438j:image

オーナー夫人が作ってくださったサンドイッチと温かなスープを雪の中でいただきます。食後には香り高いホットコーヒーまで!

食事をしながら日光の木々、花、鳥、動物についてのレクチャーを受けます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230451j:image

花の季節にまた来てみたい!紅葉も見たい!男体山にも登ってみたい!日光の奥深さのほんの入り口を教えていただきました。

「それではアップダウンにも慣れてきたので山に入っていきましょう」

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230320j:image

午後は林道を登っていきます。春の日差しが暑い、汗が流れ息が上がります。

「これだけ上がれば下りは爽快ですよ」

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230602j:image

エッジがないのにどうやって止まるのかなぁ。えーい!習うより慣れろとオーナーの後について滑り降ります。

案の定、すってんころりん、滑って転んで大笑い。大のオトナがキャーキャー無邪気に転んだり笑ったり。自然の中でこそ心の底からリフレッシュできます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200311230624j:image

ただのんびり景色を見ながら歩くだけかと思いきや、案外キツかったクロカンツアー。

さぁ、明日はどこが筋肉痛になるかなぁ。

 

#ペンション「トロールの森」

#子連れ大歓迎の宿

#音楽ホール併設

#日光霧降高原

#光徳牧場

http://trollsforest.com/sp/

 

自粛、中止にも負けずに応援しています!

コロナ、コロナってそこまでするか?って疑問に思うような状況になりつつあります。

とはいえ不満や文句を言ってもウイルスには勝てないので、予防をしながら乗り切りたいと思います。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307231613j:image

春だというのにお出かけも自粛。

6年生は卒業までの楽しい予定がぜーんぶ中止。あんなに練習してうまく弾けるようになった伴奏も御蔵入り。

でもね、無駄ではないんだ、すごく力がついたのだから。いつかみんなの歌声と一緒に弾ける日が来ますように。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307230557p:image

電車にいっぱい乗ってレッスンに来ている生徒さんは、親御さんのご判断でしばらくお休みされることに。

さぞかし羽を伸ばしていることと思っていたら「退屈だし」「毎日練習しているから先生に聴いてほしい」「弾けないところをどう練習したらいいのかわからない」とのこと。

なんて真面目なんだ!真剣なんだ!

それならば「練習の様子を動画に撮って送って」と提案してみたら、なんとドーン!と届きました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307224435p:image

おうちのピアノで一生懸命練習している様子が伝わってきました。

なんだかすごく会いたくなっちゃって切なくなりました。

よーし!それなら先生からも送っちゃる!

その日のうちにたっぷりアドバイスと、参考になればと私の弾いている様子を動画に撮って送り返しました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307224446p:image

次に会える日が楽しみです。

お出かけ自粛している間にハクモクレンは咲いちゃうし、沈丁花はすでに盛りを過ぎている。

沈丁花といえば思い出すのが受験。

ちょうど発表を待つ頃、この花が香るのだった。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307224517j:image

嬉しかったことも、つらかったことも、この香りと混ざって思い出す。

今年の受験生は特にいろいろなことに巻き込まれていてとっても大変!

なのに動揺することもなく自分のペースで乗り切った生徒さんがご挨拶に来てくださいました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307224558j:image

レッスンでは厳しいことばかり言っていたので、今日はゆっくりおしゃべりしましょう!と地元で人気のカフェ「ラブリング」にランチに行きました。

最初は緊張していた生徒さんも、美味しいお料理でだんだんにリラックス。

f:id:amefuri5kumanoko:20200307224543j:image

4月には音大生に。音楽家としてのスタートです。ここからが本当の意味での苦しさが始まります。楽しいこともたくさんあるから、何もかも自分の糧にできるように頑張って!応援しています。

新しい生活に慣れる頃に、ぜひまた連絡してね、と約束して別れました。

 

#松戸ピアノレッスン

#動画でレッスン

#https://www.facebook.com/cafelovering/

http://yukiko-kohara.com/

#がんばれ!音大生

#がんばれ!6年生

 

北横岳で軽アイゼンのおさらい

先月登った初めての雪山でアイゼンの感触がえらく気に入ってしまったので、思い切って購入してしまいました。せっかく買ったなら使い方をおさらいしないとね。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302220915j:image

というわけで三連休最終日に北横岳に行ってみました。

今回は残念ながら仲間も都合がつかず夫はスキー、ということでソロ登山。前回お世話になったガイドの上田さんにご相談したところ、北横岳なら人も多く登山道も迷いようがないので大丈夫、とのお墨付き。行ってきまーす!

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221021j:image

世の中コロナ、コロナとピリピリしているけれど、北八ヶ岳の冷たい空気を吸い込むとウイルスのことなんか忘れてしまうので不思議。

前回同様、ピーカン快晴。私ったら本当に晴れ女。ひとりでニマニマしながらアイゼンをつけて歩き出す。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302220952j:image

とても一人で来たとは思えないほど前にも後ろにも登山者がゾロゾロ。

狭い道ですれ違う時には片側通行でしばらく待っていなければならないほどです。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221130j:image

前回と違うのは気温!春の陽気で汗ばむほど。日差しがぽかぽか、木々の雪が溶けてポタポタ音が聞こえます。

締った雪のキュッキュというあの小気味良い音は聞くことができないのが残念。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221156j:image

それでも八ヶ岳ブルーと雪の白、木々の緑が美しく、少し歩いては立ち止まって写真撮影、ソロ登山の気楽なところです。

あっという間に北横岳ヒュッテに到着、大勢の登山客が腰を下ろしてお昼ご飯を食べています。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221222j:image

2週間前の雪山は氷点下10度前後で休憩も立ったまま行動食を口にするのが精一杯でしたから、今日は目にする光景もだいぶ和やかです。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221248j:image

私はそのまま山頂を目指します。

秋に来たことがあり、ここからが唯一の急登だったのを記憶していたので元気なうちに登ってしまおうと思ったのでした。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221316j:image

雪があることでかえって登りやすいのか、すぐに登頂、そして南峰から北峰もほんの数分で移動。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221432j:image

ただそれまでの暖かさとは打って変わって冷たい北風が吹き付けます。山頂標にはエビの尻尾と呼ばれる強風によって氷や雪が張り付いています。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221452j:image

すぐ目の前にある蓼科山の山頂を眺め、記念撮影だけしてすぐに下山。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221532j:image

南八ヶ岳雄大な姿を眺めながら雪道を降りていきます。ビビリなので下りは苦手なのですが、アイゼンのおかげで歩きやすく快適でした。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221653j:image

下山後の目的は、仲間に美味しいと聞いた縞枯山荘の珈琲。

縞枯山荘の前の雪原も雪が溶けて笹が覗いていました。まるで4月の景色です。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221804j:image

珈琲をいただきながら山荘の方とおしゃべり。

2週間前にも来たことを告げると、あの日は寒かったですね、雪山らしくデビューには最適でしたね。とのこと。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221830j:image

今年は本当に雪が少なく、アイゼンのおさらいはもうできないかもしれません。

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221851j:image

良いタイミングで登ることができました。

今日もお天気の神様に感謝✨✨✨

f:id:amefuri5kumanoko:20200302221917j:image

#北横岳

#北八ヶ岳

#雪山が好き

#アイゼンが好き

#縞枯山

#コロナウイルスに負けるな

http://yukiko-kohara.com/

 

弥生初日はカフェでゆっくり

家の近くにお気に入りのカフェがある暮らしに憧れていました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200301204313j:image

家に帰れば夫が美味しい珈琲を淹れてくれるし、いただきものの焼き菓子もあったりするのですが、やはりカフェでゆっくり、が好きなんです。

仕事帰りにひとりで寄るのも好きだし、気の合う仲間とおしゃべりするのもこの上ない楽しみ。

f:id:amefuri5kumanoko:20200301210201j:image

前代未聞と言われるウイルス感染症との戦いで国レベルで「イベント中止」「不要不急の外出自粛」「一斉休校」と閉塞感でいっぱいの雰囲気。

せっかく春の日差しいっぱいの日曜日なのに、なんだかなぁ〜

f:id:amefuri5kumanoko:20200301204332j:image

こんな日はカフェでゆっくりリフレッシュするに限る!

ちょうど考えなければならない原稿もあるし!と出かける準備をしていたら、めずらしく家に帰ってきていた息子が「お?カルガモ?俺も行こうかな」とご一緒宣言。嬉しいじゃありませんか。

というわけでカルガモコーヒーへ。

f:id:amefuri5kumanoko:20200301202005j:image

ちょうど窓際の席が空いていて、外が見える席が好きな私は早速テンションがアップ!

バスオタクの息子より目の前を頻繁に走る京成バスについてのレクチャーを受けることとなりました。(笑)

f:id:amefuri5kumanoko:20200301214057j:image

本日のコーヒーとクラシックショコラを注文。

だんだんに暮れていく空の色と、店内を流れる優しいサウンド、珈琲の香り、甘いケーキ…

昨今の怒り、切なさ、不安、閉塞感から解放されるひととき。

f:id:amefuri5kumanoko:20200301205836j:image

お替りをいただくときに、ふと思い出しました!

金継ぎをされる友達がこちらのコーヒーカップを修復されたということでした。

ご店主に伝えたら「そうなんです!とても素敵にしてくださって。そのカップにお淹れしますね」と感激されて。

f:id:amefuri5kumanoko:20200301205734j:image

まるくて温かな器は所々が渋く光って控えめに輝いて見えました。

しあわせな時間をありがとうございました。

またお邪魔します。

f:id:amefuri5kumanoko:20200301202556j:image

 

#松戸西口カフェ

#カルガモコーヒー

 

https://m.facebook.com/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BCKarugamo-coffee-427955927272092/

木曽の宿場町を歩いてみました。

諏訪に滞在中の知人に誘われて木曽の宿場町、奈良井宿を歩いてみました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221302j:image

中山道の67宿のうち丁度真ん中に位置する奈良井宿木曽路の中では1番標高が高く、難所の鳥居峠を控え多くの旅人で賑わったということです。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221346j:image

この日は薄日が差すかとおもえば小雪がチラチラと舞い冷たい北風が吹き込みます。

それでも現地の人によると今年は雪がなく歩きやすいのだとか。

昔の姿をそのまま残す宿場町の建物が、おみやげやさん、カフェ、そして当地の名産品漆器のお店となって観光客で賑わっています。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221416j:image

漆塗りのお椀が欲しいなぁ、と何度も手に取って眺めてみたら「普段遣いの器こそいいものを。毎日の食卓が違ってきますよ」とお店の方から声をかけられました。

散々迷った末、使いこなす自信もなく購入せずに帰ってきしまいました。ちょっぴり後悔。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221442j:image

少し外を歩くだけで体が冷えるので、お蕎麦屋さんに入って温かいきのこ蕎麦と名物の五平餅をいただきました。

こちらのお店の五平餅はお餅ではなく焼きおにぎりに味噌だれと胡麻だれを塗ったもの。

どこか懐かしくとても美味しかった。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221458j:image

鎮神社まで行ってみましたが、雪も降り続いていたので引き返し茶房に立ち寄ります。サイフォンで淹れた香り高い珈琲と甘いもの。どちらも漆器で供されます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221604j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200226221610j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200226221600j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200226221607j:image

お店の二階では段飾りのお雛様を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221729j:image

この日の夜は灯明祭りが行われたようで、昼間からお店の前で準備が進んでいました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221648j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20200226221645j:image

奈良井宿灯明祭り」インスタで検索したらロマンチックなことこの上ない!来年はぜひ夜まで滞在してみたいと思います。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226221854j:image

今度は暖かい季節に訪れて鳥居峠まで歩いてみたいな。

 

#奈良井宿

#木曽路の宿場町

https://www.naraijuku.com/narai/

http://yukiko-kohara.com/

 

ドイツパンの店タンネ🇩🇪行ってみました

オーストリアで暮らしていた頃は日本の厚切りトーストが食べたかったのに、帰国してからはカイザーセンメルやライ麦パンが恋しくなるのだから面白いものです。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226210937j:image

日本橋に美味しいドイツパンのお店があると聞いたのは、今からもう20年近く前のこと。当時は人形町にもお店があって、小さかった息子を連れて行ったものでした。1階で購入したパンを2階でイートインできるようになっていて、気軽にドイツパンやチーズを楽しめました。好き嫌いの多い息子がチーズをパクパク食べていたのも発見でした。

今は人形町のお店はクローズ、浜町の本店でイートイン、それもこの日は「ブランチビュッフェ」があると聞いて行ってみました。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226211000j:image

下町情緒あふれる街の一角にふと異国の香りが漂って、ドイツの国旗とベコニアの赤い花が迎えてくれます。

店内に入ると、まずカイザーセンメルがずらりと並び目を引きます。そしてハード系のドイツパンや、ブフテルンをはじめとするお菓子パン、リンツァートルテなどの焼き菓子…

もう端から端まですべてください!と早る心を抑えてブランチビュッフェのオーダーをする。

レジではドリンクだけを選び席につき、さてビュッフェへGO!

f:id:amefuri5kumanoko:20200226211028j:image

パンにつけるフィリング…バター、サワークリーム、杏ジャム、ブルーベリージャム、木苺ジャム、バニラソースを小さな器に盛る。

温かいオニオンスープをカップによそい、次に順に並ぶのは、生野菜のサラダ、卵サラダ、ハムとサラミの盛り合わせ、4種のチーズの盛り合わせ、ライ麦パンのスライス、カイザーセンメルやプチパン、シュトレン生地のパンプディング

f:id:amefuri5kumanoko:20200226211049j:image

うーむ、一度では運べない!落ち着け!落ち着け!

スープはやや塩分強め。そうそう、あちらはそうでした。これもまた懐かしい。

なんといってもパンが美味しい。

フィリングを塗っても、ハムやチーズと食べても、スープで流し込んでも、ライ麦の風味が豊かで、それでいて食べやすいのはもしかしたら本場のレシピを日本人向けにアレンジしているのかな?と思ったり。

f:id:amefuri5kumanoko:20200226211106j:image

ただ食いしん坊の私でもさすがに一度にたくさんは食べられないのでコスパからすると少々お高い気がするなぁ。

次回は気に入ったパンや焼き菓子を選んでフツーにイートインしようかな。いろいろ選んでシェアしても楽しそう。どなたかご一緒しませんかぁ?

 

#ドイツパンの店タンネ

#カイザーセンメル

#ライ麦パン

#ブランチビュッフェ

#日本橋浜町

https://sites.google.com/site/doitsupantanne/home

 

http://yukiko-kohara.com/