ピアノはうたう

ピアニスト小原由起子のブログです。演奏活動やレッスン、日々の暮らしで大切に想っていることを綴っています。

嵐の前に桜の里と生藤山を歩く

f:id:amefuri5kumanoko:20210407083029j:image

天気予報では大荒れって言っているけれど、隊長から中止の連絡もなく…

ウェザーニュースのピンポイント天気を見ると午後までは降らずに持ちそう。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082734j:image

高尾駅中央本線に乗り換えると、グッと非日常的な雰囲気、旅気分!

マスクは登山口まで必須です。


f:id:amefuri5kumanoko:20210407082749j:image

上野原駅で下車。

「井戸」行きのバスに乗ったのは私たちと地元の方らしき人ひとりだけ。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083037j:image

今日の山歩き、生藤山の桜が見頃、との情報を得て来たのだけれど、里はちょうど満開を迎えています。

足元にも野の花が可憐に咲いている。

例年より春の訪れは半月ほど早いペース。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083235j:image

生藤山の登山口です。

「ヘビ、ハチに注意!」とあるけれど、まだそんな時期ではない…ことを願う。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082811j:image

ジグザグに登ること40分、やれやれ稜線に出ました。眺望のない単調な登りはテンションが上がりませんな。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083044j:image

ここから三国山を経て生藤山に向かいます。

稜線からはたいした登りはない…はずです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083040j:image

嵐の前だけあって、眺望も今ひとつ。

それでも同志の向こうに丹沢の山々が青く霞んでいるのが見えます。

残念ながら富士山は終日お目見えならず。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082803j:image

日本武尊が東夷討伐の際に立ち寄ったとされる「甘草水」今は枯渇していますが、剣を刺したら岩から豊かな水が滴り落ちた、と言います。フツーの尾根道も由緒ある古道に見えてきます!
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082741j:image

気持ちのいい尾根道が続きます。お天気も何とか大丈夫そう。湿度が高く暑くてシャツ一枚になるメンバーも。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083021j:image

三国山登頂。

この頃から急に風が強くなって来ました。

慌てて防寒着を装着、上りではあんなに暑かったのに。山歩きは「脱いだり着たり」がとても大切!
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082807j:image

ちょっぴり急登を経て生藤山登頂。

ゴーゴーと唸るような強風にさすがの隊長も下山を決めます。まだ10時30分だというのに残念な気もしますが、経験豊富で賢明な判断に従います。

f:id:amefuri5kumanoko:20210407083320j:image

同じ道を戻るのは面白くないので、軍刀利神社に降ります。バス停でいうとひとつ先。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082800j:image

美しい林の中を降りていきます。

木立の中に入ってしまえば先ほどの強風は嘘のように止んでいます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083024j:image

軍刀利神社の御神木が見えてきました。

あとからわかったことですが、これは県指定の天然記念物大桂の木、パワースポットとして有名だそうです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082756j:image

雨にも降られず無事に下山できたことを感謝してお参り。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083051j:image

鳥居が見えます。

どうやらここは神社の奥の院。本院はもう少し里に降りるようです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083504j:image

下から見た御神木。荘厳な雰囲気です。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083728j:image

本院まで降りて来ました。

ここまで車で来られるよう駐車場とトイレがありました。社務所に人の気配はありません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083006j:image

山門をくぐるといきなり石段なのですね。

石割山を思い浮かべます。山の神社あるある。

今日は下りでよかった。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083731j:image

ミツバツツジが満開。

隊長から花の名前も教えてもらいます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082737j:image

降りて来たら春がいっぱい。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083055j:image

期せずしてお花見となりました。

これから来る嵐で散ってしまうかなぁ。
f:id:amefuri5kumanoko:20210407083033j:image

ニリンソウ
f:id:amefuri5kumanoko:20210407082752j:image

桜にはやはり青空が似合いますね。

f:id:amefuri5kumanoko:20210407112008j:image

そういえば山の桜はまだ早すぎて咲いていませんでしたが、里の春を満喫するのも一興、のんびり山歩きとなりました。

 

#生藤山

#春の嵐

#三国山

#軍刀利神社

#山歩きは楽しい

#山仲間

#密を避けて静かな山歩き

#感染予防しながら自然を楽しむ

 

 

 

卒業生の参加をお待ちしています

取手駅からバスに乗って、国道6号線を左折すると、田園風景が大きく広がり遠くに紫峰筑波山が見えてきます。

聖徳大学附属取手聖徳女子中高は、四方を田園に囲まれて四季の移ろいを全身で感じることのできる素晴らしい環境にあります。

f:id:amefuri5kumanoko:20210401124347p:image

https://youtu.be/5W478Oz8UM4

【演奏:ピアノ講師小原由起子】

音楽科の講師の先生方と卒業生による「ハーモニッシュコンサート」昨年の第4回目はコロナ禍によりホールでの開催を断念、YouTubeチャンネルを開設いたしました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210401124403p:image

https://youtu.be/fSOVnz1ykpY

【演奏:ホルン講師山田幸子先生と卒業生の和田瑞枝さん、櫻井智可さん、仲田萌花さん】

教え子と同じ舞台に立ってアンサンブルが出来ることは最高の幸せです。

同門だからこそ息のぴったり合った演奏になります。

f:id:amefuri5kumanoko:20210401124419p:image

https://youtu.be/G9rpqBzbXu8

【演奏:卒業生の中井伶さん、青木彩さん、ピアニスト山崎未貴さん】

在学中はいろいろなことがあります。

時には気持ちがすれ違ったり誤解があったり。

それを乗り越えて長い時間をかけて信頼関係を築いていきます。

 

f:id:amefuri5kumanoko:20210401124433p:image

https://youtu.be/ignS_sz2SE0

【演奏:サクソフォーン講師で卒業生の竹内沙耶香先生】

高校を巣立ち新しい世界で成長する教え子たち。その立派になった姿をまぶしく感じつつ、自分も身の引き締まる思いで舞台に立つのです。自分自身にとっても、大変勉強になります。

演奏家として活躍される先生方が、そんな謙虚な姿勢で学び続けていらっしゃることに感銘を受けます。

f:id:amefuri5kumanoko:20210401124446p:image

https://youtu.be/jZOJXSibNQs

【演奏:サクソフォーン講師で卒業生の竹内沙耶香先生】

これがこの学校の伝統なのだな、と感じています。

音楽の勉強はゴールがありません。いつまでも終わることなく続く旅です。

そしてその努力は長い長い年月をかけて積み重ねられるのです。

f:id:amefuri5kumanoko:20210401124457p:image

https://youtu.be/Y5QJzP6yiiQ

【演奏:サクソフォーン講師で卒業生の竹内沙耶香先生】

思い出がいっぱいの高校時代、その曲を聴くと思い出す風景、友達の顔、つらかったことも、うれしかったことも、次々に浮かんできます。

f:id:amefuri5kumanoko:20210402012354j:image

https://youtu.be/aAcpMK3HuPI

【演奏:オーボエ講師眞山美保先生と卒業生の笠原静華さん、坂入千智さん】

長い人生の間には、音楽から離れなければならない時期もあるかもしれません。でもいつか時間や気持ちにゆとりができた時、高校時代に培った力が蘇り音楽に寄り添うことができます。

また戻って来られる、そんな日のために私たちは演奏の場を用意して見守らなければなりません。

f:id:amefuri5kumanoko:20210401133954j:image

取手聖徳音楽科ハーモニッシュコンサートは、卒業生のご参加を心よりお待ちしております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

 

#取手聖徳女子中学校高等学校

#取手聖徳音楽科

#ハーモニッシュコンサート

#卒業生

#兼任講師

#元講師も大歓迎

#2021も動画配信で

 

 

父のいない結婚記念日

今日は両親の結婚記念日。

母の誕生日でもあるので、子どもの頃からダブルでお祝いをしてきたおめでたい日。

f:id:amefuri5kumanoko:20210327080940j:image

10年前の金婚式記念の時にはピアノのあるレストランの個室を借り切って、三姉妹とその家族が集まって盛大に祝ったものでした。

f:id:amefuri5kumanoko:20210327081140j:image

今年からはもう父はいない…。

去年の今頃はまだ100まで生きるかも?というほど元気だったのに、夏頃から食が細り、脚が弱り、あれよあれよという間に旅立ってしまいました。まさに木が枯れていくような最期で、それは父が生前からずっと願っていた通りでした。

f:id:amefuri5kumanoko:20210327081258j:image

いつでも自分中心で好き放題に生きてきた父に、母や娘達は手を焼いたことも数知れず、「人としてどうなの!」と腹立つことばかり。

特に同居していた次妹には素直に感謝を示すこともなく、離れて暮らす姉としてはハラハラと見守る以外ありませんでした。

f:id:amefuri5kumanoko:20210327081434j:image

そんな父もいなくなると寂しいもので、桜を見れば思い出し、もう散歩コースを楽しむこともないのだ、と感傷的になります。

f:id:amefuri5kumanoko:20210327081554j:image

長い、本当に長い間、優しさと忍耐で連れ添ってきた母には残りの人生をゆっくり穏やかに楽しんでほしい。

f:id:amefuri5kumanoko:20210327081739j:image

ひとりで迎える結婚記念日を、家族みんなで賑やかにお祝いしたいと思います。

 

#母の誕生日

#両親の結婚記念日

#父の思い出

#ピアニストYUKIKO KOHARA

 

雪山を満喫しました

前日に上田の町から見上げたら、頂上のあたりにほんの少ししか雪が残っていないように見えました。「もう春なんだ!雪山も終わりなんだ!」そう思ったら急に焦ってしまい、スキーに行こうとしていた夫を誘って烏帽子岳に登ってきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210316003753j:image

樹林帯は雪がなくても上はあるかもしれない、と6本爪軽アイゼンを携行、ぬかるみに備えてゲイターも履いて登山口のある地蔵峠に向かいます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316091732j:image

おや!雪あるじゃん!すごい積もってる!

なんと登山口から積雪があります。

早速軽アイゼンの登場。

気温も低く北風も冷たい。さすか標高1700mです。

f:id:amefuri5kumanoko:20210316003837j:image

しばらくはなだらかな林の中を進みます。

お!烏帽子岳が見えます。待ってろよ〜!

f:id:amefuri5kumanoko:20210316003848j:image

途中木々の間から蓼科山八ヶ岳が見えます。

鞍部まで来ました。まん丸な湯の丸山が見えます。

夏に来たときは、ここでお湯を沸かして山メシを楽しんでいる登山者がたくさんいました。

今日はすべてが雪に埋れています。

f:id:amefuri5kumanoko:20210316091713j:image

背を超えるほどだった笹藪も頭が見えるくらい。ここから上りが始まります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003841j:image

雪が重くて足を取られます。

6本爪では厳しかったのか?いやいや頑張ろう!

ここを登れば稜線に出るはず。

そうしたらきっと絶景が…!

f:id:amefuri5kumanoko:20210316003816j:image

後ろには菅平高原の山々が。

夏に登った根子岳四阿山かな。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316091703j:image

稜線にでました!
f:id:amefuri5kumanoko:20210316091706j:image

これです!これが見たかった!
f:id:amefuri5kumanoko:20210316091717j:image

山頂までもう一息!

あの見えているのがきっとピーク…
f:id:amefuri5kumanoko:20210316091709j:image

と思いきや、小烏帽子でした…
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003801j:image

山頂はあそこ!もうすぐ!
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003829j:image

岩場を登れば…
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003809j:image

やった〜登頂です。烏帽子岳2066m
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003821j:image

360度の眺望にしばし見惚れます。

あんなに吹いていた風も止んで、穏やかなひととき。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003844j:image

眼下に見えるのはどこの町でしょう?

前日にはあそこからここを見上げていたのか!
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003813j:image

遠く雪化粧したアルプスも見えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210317160233j:image

浅間も頭を覗かせています。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003832j:image

風紋、雪紋…シュカブラというのだそうです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003825j:image

のんびりしすぎて時間切れ、湯の丸山は次回に。ゆっくり下山します。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316091728j:image

途中ちょっと怖いところもありました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210316003804j:image

降りてしまえば林の中を歩いては立ち止まり

登って降りてきた山を振り返る…しあわせ。f:id:amefuri5kumanoko:20210316091725j:image

陽もだいぶ傾いてきました。

今日も無事に下山できました。感謝。

 

#湯の丸高原

#烏帽子岳

#標高差は大したことない

#のんびり雪山歩き

#6本爪軽アイゼンに感謝

安曇野の里山からアルプスを望む

f:id:amefuri5kumanoko:20210304022048j:image

山登りというよりはのんびり山歩きが好きなのですが、やはりアルプスを見ると心が躍ります。それも雪を被った山が最高に美しいと。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022031j:image

アルプス登山の玄関口と言われる安曇野市ですが、絶景で有名な里山があると聞いて歩いてきました。

その名も「光城山」みつしろやま、って読むのかと思ったら、ひかるじょうやま、だそうです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022148j:image

駐車場から少し登ったらもうこの景色!

木々の間からアルプスが!

f:id:amefuri5kumanoko:20210304022225j:image

子どもたちの遠足や、桜の名所として市民が登る、親しみやすい山、のわりには、いきない急坂です。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022123j:image

運動不足の身体には堪えます。

風景を写真に撮るフリをしてすぐ休憩。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022044j:image

まだまだ登ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022151j:image

やっと稜線に出ました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210304022039j:image

眺めはさらに素晴らしく…
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022116j:image

城跡もあります。光氏の城山、なんですね!

戦国時代にはここでノロシを上げたというのも頷けます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022104j:image

頂上ではこの景色を見ながら休憩をしたり、のんびりとお弁当を食べたり。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022055j:image

最高ですな!

f:id:amefuri5kumanoko:20210304022140j:image

せっかくなので、稜線を歩いて隣の長峰山に足を伸ばします。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022155j:image

林道や遊歩道を50分ほど歩くと長峰山の山頂に出ました。

ユニークなオブジェの向こうにもアルプスがずらり並びます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022112j:image

今日は防寒着もアイゼンもない軽装登山。

f:id:amefuri5kumanoko:20210304022137j:image

ハングライダーが飛び立つ準備をしています!
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022100j:image

麓の街を目指して?

空を飛ぶ鳥のよう!

f:id:amefuri5kumanoko:20210304022107j:image

若者かと思いきや、同世代あるいは歳上の方々のような。素晴らしい!
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022035j:image

駐車場の関係で周回ではなくピストンに。

同じ道は戻りたくないので烏帽子峰に寄ってみます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022120j:image

下山の頃には少し雲が出てきて

かえってそれが幻想的に。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022127j:image

市民の憩いのための「自然探索コース」とありますが、しっかり500m以上登り下りがあります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022052j:image

驚いたのは、地元の方らしき高齢の女性のソロ歩きに何人も出会ったこと。皆さんきっと、体力維持のため?それとも山が好き?
f:id:amefuri5kumanoko:20210304022144j:image

今日も無事に下山、お疲れ様でした。

 

#安曇野市

#光城山

#長峰

#里山歩き

#低山歩き

#北アルプス絶景

 

集合写真のない発表会

今年の発表会は感染予防のため集合写真の撮影を取りやめました。

とても残念ではあるけれど、参加者みんなの安心安全のため諦めなければなりませんでした。

発表会ができただけ幸運だと思うことにしています。

f:id:amefuri5kumanoko:20210306120150j:image

例年は、集合写真と個人演奏写真の2枚組アルバムを作っていただいています。

f:id:amefuri5kumanoko:20210306121308j:image

かれこれ20年以上、写真撮影をお願いしている山口フォトスタジオ、今回もカメラマンの熊谷さんが撮影に来てくださいました。


f:id:amefuri5kumanoko:20210305210415j:image

今回は集合写真がないから1枚のアルバムになるのかと思いきや、

表情の違う写真をひとり2枚ずつアルバムに収めてくださっています。

f:id:amefuri5kumanoko:20210305210427j:image

集合写真なら焼き増しで済むところ、ひとりひとりのベストショットを狙って撮影してくださって、そのご配慮には頭が下がります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210305210438j:image

うちの発表会は長丁場、食事はもちろん休憩時間もほとんどありません。スタッフにとっては苦行と言っても過言ではないでしょう…

f:id:amefuri5kumanoko:20210305210454j:image

にもかかわらず、熊谷さんは穏やかな笑顔で「先生の発表会はみなさん演奏が素晴らしく、コンサートを聴かせていただいているようです。長いなんて思いません」と言ってくださるのです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210305210728j:image

写真にも、その心温かな気持ちがあらわれているかのよう…すべての生徒さんの晴れ舞台が記念に残ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210305210741j:image

うちの発表会の自慢のステージフラワーがすべて収まるように横長のお写真も付いてきます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210304013419j:image

生徒さん達はアルバムを

「毎年楽しみにしています」

「ピアノの上に飾っています」と

とても喜んでくださっています。

 

集合写真のない発表会…

そんな年もあったね、と、あとで振り返って話せる時が来るでしょうか。

2022年1月30日、アミュゼ柏クリスタルホールでの発表会、集合写真は撮れるのでしょうか。

 

#発表会2021 

#アミュゼ柏クリスタルホール

#photo by Kaori Kumagai

#K-flora 花工房

https://k-flora-tama.jimdofree.com/

#ピアニスト Yukiko Kohara

http://yukiko-kohara.com/

2021も雪山歩きからスタート

f:id:amefuri5kumanoko:20210218193527j:image

山歩きしたいと願いつつ、昨年末から無観客コンサートやらオンライン配信、録音などが続き、生徒さんの発表会もあったことから、なかなか山の家にも行けないまま。

もう限界!とばかりに立春を過ぎたある日、身近な山を歩いてきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210217041532j:image

八島湿原から小一時間で登頂できる鷲ヶ峰。

景色がいいだけでなく夏も秋も高山植物が楽しめるのでお気に入りスポット。f:id:amefuri5kumanoko:20210217041526j:image

とはいえ標高が高いので冬は念のため軽アイゼン持参します。

今年は少ないとはいっても積雪や凍結が見られます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210217041546j:image

やはり軽アイゼンを装着した方が歩きが安定します。
f:id:amefuri5kumanoko:20210217041610j:image

中間地点あたりで、もうこの眺望。
f:id:amefuri5kumanoko:20210217041617j:image

頂上が見えてからが長い😅あるあるです。

f:id:amefuri5kumanoko:20210218194257j:image

遠くに雪化粧したアルプスが見えますが、近い山々にはほとんど雪がありません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210218194246j:image

ぐるりと北アルプス御嶽山中央アルプス
f:id:amefuri5kumanoko:20210218194254j:image

登頂すれば南アルプス八ヶ岳が。
f:id:amefuri5kumanoko:20210218194250j:image

春を思わせるぽかぽかな日差しが暑いくらいですが、さすがに頂上は風が冷たく堪えます。

f:id:amefuri5kumanoko:20210218193710j:image

浅間連峰も菅平見えます。

寒いのでお昼ご飯は麓に下山してからにしましょう。

f:id:amefuri5kumanoko:20210218194441j:image

途中まで降りてきてもまだまだ見える山々。

少し靄ってきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210218194445j:image

何度も振り返りながら降ります。f:id:amefuri5kumanoko:20210217041536j:image

登山道以外に雪はほとんどありません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210217041557j:image

この稜線は最高に気持ち良いのですが、吹きっさらしの風が痛いくらい。

f:id:amefuri5kumanoko:20210217041539j:image

無事に降りて八島湿原の入り口でお昼ご飯。

シーズンには観光バスも止まるほどの人気スポットも、この日は人影もまばら。
f:id:amefuri5kumanoko:20210217041603j:image

霧ヶ峰から来る途中の路面が数カ所凍結していて、数日前にはスタックしている車もあったとの情報もあり、運転は慎重に。
f:id:amefuri5kumanoko:20210217041549j:image

大好き❤鷲ヶ峰。

また春になったら歩きに来よう!

 

#鷲ヶ峰

#八島湿原

#霧ヶ峰

#車山高原

#山歩き

#軽アイゼン大活躍

#ピアニストYUKIKO KOHARA

#山歩きでリフレッシュ