ピアノはうたう

ピアニスト小原由起子のブログです。演奏活動やレッスン、日々の暮らしで大切に想っていることを綴っています。

笹尾根デビューしました

f:id:amefuri5kumanoko:20240418212717j:image

山歩きを始めてから時々耳にする「笹尾根縦走」

笹が生えてる尾根のことかと思ったら、東京都と山梨県(途中から神奈川県)の県境となる山並みの総称らしい。

f:id:amefuri5kumanoko:20240423134412j:image

奥多摩の三頭山から高尾山まで、山と峠を登ったり降りたりしながら歩くことを「笹尾根縦走」というのだそうです。f:id:amefuri5kumanoko:20240418212713j:image

県境をずっと歩くなんて楽しそうではないか!と思うのは好山病なんですって。

単調な尾根歩き、有名なピークやインスタ映えするような景色もないといいますが、

なんのなんの、尾根歩きって景色が良くて最高に気持ちいいのです。

f:id:amefuri5kumanoko:20240418212558j:image

ザッと計算しても30km以上あるので、よほどの健脚でないと日帰りは無理、私レベルでは何分割かして歩くことになります。

f:id:amefuri5kumanoko:20240418212643j:image

「こだま登山部」は7分割して歩くツアーを提案してくださっています。

なかなか7回全部は踏破できないのだが、日程の合うところから、と、まずは「笹尾根②」に参加してみました。

f:id:amefuri5kumanoko:20240423134340j:image

上野原からタクシーに乗り、小菅村を目指す。

鶴峠という寂しいバス停で降りて緩やかに登り始めます。 

本日歩く笹尾根は三頭山から槇寄山まで。

最初の目的地三頭山の山頂までは、およそ3時間弱かかる予定。

急登はないものの登りが続きます。

f:id:amefuri5kumanoko:20240423134926j:image

尾根の左側には麓の小菅村丹波山村、その向こうに奥多摩の山並みが見えます。

f:id:amefuri5kumanoko:20240418212636j:image

山道は落ち葉でいっぱい。その下で少しずつ春の準備が始まっています。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212550j:image

鶴峠からのコースは昔の人が歩いたとされる峠道。時を経ても同じ道を歩くのだなぁ、と感慨深い。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212723j:image

おぉ!尾根の右側に富士山が見えました!f:id:amefuri5kumanoko:20240418212537j:image

春の光の中、なだらかな尾根を進みます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212647j:image

雲ひとつないいいお天気。

思いのほか気温が低いままなので、空気が澄んで周囲の山もよく見えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212543j:image

こだま登山部のツアーは、ゆっくりペースでこまめに短い休憩をとります。

おかげで疲れ知らずで歩けるのです!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212650j:image

ひとつめのピーク神楽入ノ峰 1,447m
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212738j:image

三頭山まであと一息、グッと登れば
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212625j:image

パァッと開けて絶景!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212609j:image

富士山も!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212605j:image
三頭山登頂。1524.5m
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212601j:image

富士山どーん!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212539j:image

笹尾根のはじまり。

こんななだらかな道もあれば
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212704j:image
グッと下がるところもあって、結構なアップダウンの連続!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212653j:image

麓は春ですが、山の上はまだまだ、ようやく枝の先に小さな緑が萌え始めたところ。

花といえば馬酔木が咲いていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212726j:image

アブラチャンの花
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212555j:image

三頭山避難小屋でお手洗いを拝借、

f:id:amefuri5kumanoko:20240423135412j:image

ハチサスサワの頭を経て、

f:id:amefuri5kumanoko:20240423135100j:image

あっという間に槇寄山に到着
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212732j:image

せっかく上がった笹尾根ですが、ここでお別れ下山します。

笹尾根縦走の続きは、また次のツアーにて。

f:id:amefuri5kumanoko:20240418212735j:image

だいぶおひさまが傾いてきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212700j:image

木々の間から、さっき歩いた稜線が見えます。私はこの景色がとても好き。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212658j:image

今日もおせわになりましたガイドのこだまさんと登山部のお仲間たち。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212707j:image

檜原村の数馬に向かってぐんぐん降りていきます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212526j:image

麓に近づくにつれ、春の花に出会うようになりました。

スミレがあちらこちらに。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212529j:image

ミヤマケマン
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212546j:image

仲の平バス停に到着しました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212633j:image

時間通りに来たバス。

間に合ってよかった。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212630j:image

五日市に来たらぜひ立ち寄りたい「瀬音の湯」

ホームページをみると「うる肌部門で一位になった」とあります。たのしみ!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212622j:image

バスを途中下車して秋川渓谷を渡ります。

夕景が美しい。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418212619j:image

今日も無事に下山できたことに感謝しつつ

とろりとした温泉で疲れを癒して帰りました。f:id:amefuri5kumanoko:20240418212720j:image

 

#笹尾根縦走

#三頭山

#槇寄山

#小菅村鶴峠

#檜原村数馬

#武蔵五日市駅

#瀬音の湯

#こだま登山部

チャリティーコンサート無事終了

f:id:amefuri5kumanoko:20240418191936j:image

能登半島地震災害地支援のチャリティーコンサートはおかげさまで無事に終了いたしました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191953j:image

本番数日前にチケットは完売、またご来場が叶わないと別途ご寄付をくださった方々もいらして、たくさんのお気持ちが集まりました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191957j:image

会場のアミュゼ柏クリスタルホールでは、当日朝9時から舞台設営とリハーサルが始まりました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418192017j:image

第一部はプロコフィエフの音楽物語「ピーターとおおかみ」をはじめお子様が楽しめる内容で、ディズニーやジブリの曲もご一緒に歌っていただきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418192005j:image

第二部はクラシックの名曲からオペラやミュージカルのナンバーをお届けしました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191945j:image

プログラムが盛りだくさんなので、リハーサルも大変…本番に体力を残しておかないと!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191939j:image

今回はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、オーボエオーボエダモーレ)の奏者と、ソプラノ歌手とピアニスト、7人の構成です。

アンサンブルだけでなく、ソロの演奏も。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418192011j:image

それにしても少々盛り過ぎのプログラム。

集中力がもつのか心配でした。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418192014j:image

とはいえ、本番が始まってしまえば楽しくて。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191950j:image

気心知れた仲間とのアンサンブルは息がピッタリ合って、お互いの音色に耳を傾けるのも本当に素敵なこと。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191929j:image

ピアノのソロも聴いていただきました。

千尋さんの「ねこふんじゃった即興曲

ショパンの「幻想即興曲

即興曲が被ったのは、実は偶然…。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191942j:image

今回、第一部は若手のピアニストさんが出演予定でした。

急なご事情により降板することになり、第二部を演奏予定だった私が全部弾くことになりました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191921j:image

練習を重ねていらしたのにステージに立てない残念なお気持ちはいかばかりでしょう。

代役の私のために、細かくメモが書き込まれた楽譜をご用意くださって…おかげで無事にステージを務めることができて本当に感謝しています。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418192000j:image

無事に終演、会場内から温かい拍手をいただくことができました。ご来場の皆様、本当にありがとうございました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418192008j:image

共演のみなさまもお疲れ様でした。

いつも楽しいアンサンブル、学びもとても多くて勉強になります。
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191947j:image

打ち上げは別日に設定とのこと、

うーん、それじゃ、ひとりでご褒美を食べに行こう!と駅に向かって歩いていたら、なんと歌姫さんがお付き合いくださいました!
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191933j:image

ふたりで美味しい和風パフェを食べて、本番を振り返り、疲れを癒しました。

やっぱりコレがなくちゃ、ね!

f:id:amefuri5kumanoko:20240418210700j:image

#能登半島地震災害地支援

#災害地支援チャリティーコンサート

#たくさんの支援に感謝

#アミュゼ柏クリスタルホール

 

スミレに会いに高尾山へ

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232451j:image

小さい頃から家族や遠足でよく歩いた高尾山は、生まれ育った高円寺から中央線の終点、高尾駅から京王線で一駅の「高尾山口」が最寄駅。思い出がいっぱい。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232602j:image

高尾駅からバスに乗れば奥高尾の小仏城山、景信山、陣馬山にも通じています。

今日はそこまで行かず手前の「日影バス停」で下車。高尾山を裏側から登る予定です。

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232433j:image

同じ目的と見られる登山者がたくさん降りました。平日だというのにバスは臨時便も出ました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232422j:image

ミツバツツジやバイモユリが迎えてくれました。麓はもう春なのですね。

そう、今日の目的は春の花に会いに、です。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232318j:image

たくさんのスミレに会えるとあって、この時期の高尾山はとても人気があります。

中でも高尾山でしか見られない?タカオスミレは咲いている場所も謎めいていて、探究心をそそられます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232444j:image

登山口のある日影キャンプ場まで向かう途中にもすでにたくさんの花が咲いていて先に進めません。

小さな花が可愛らしいセントウソウ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232537j:image

キクザキイチゲ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232257j:image

いたいた!スミレさん!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232311j:image

ヒナスミレさん?
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232429j:image

スミレサイシンかなぁ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232447j:image

分岐を高尾山方面へ

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232346j:image

カテンソウ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232541j:image
コブシの木
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232328j:image

高尾山頂に向かって登ります
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232238j:image

緩やかな登りが続きます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232519j:image

少し登ってはスミレを見つけ

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232253j:image

立ち止まりカメラを向ける。

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232307j:image

そんな繰り返し

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232558j:image

 キリがありません。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232440j:image

スミレも花びらの大きさや葉っぱの色、形がさまざまだとわかります。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232213j:image

葉っぱの先がとがっていたり、丸かったり
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232159j:image
判別がつきません
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232202j:image

カタバミ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232156j:image

ミヤマシキミ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232325j:image

この登山道は「いろはの森」コースと呼ばれ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232242j:image

4号路と合流したら山頂はもうすぐそこ

f:id:amefuri5kumanoko:20240416022215j:image

少し前まで補修工事のため通行止めでした。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232224j:image

高尾山は人気の山なので、登山道の整備や補修が定期的に行われているのだそうです。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232206j:image

高尾山頂で昼食休憩。

残念ながら富士山は見えなかったけれども、暖かな日差しの中、たくさんの登山者が春の訪れを楽しんでいました。

f:id:amefuri5kumanoko:20240404232605j:image

5号路を経由して6号路琵琶滝コースを降ります。

f:id:amefuri5kumanoko:20240418182711j:image

エイザンスミレかな?
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232612j:image
日差しをいっぱいあびて、のびのびと花びらを伸ばしているように見えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232300j:image

クサイチゴ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232458j:image

ヤマルリソウ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232526j:image
琵琶滝コースは沢沿いに降りていきます
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232508j:image

6号路の楽しみはスミレだけではなく
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232210j:image

ニリンソウもそのひとつ!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232530j:image

群生地もあるらしい!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232314j:image

わあ😍
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232220j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232523j:image

ネコノメソウ
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232501j:image

琵琶滝をすぎると、登山口はもうすぐそこ
f:id:amefuri5kumanoko:20240418191558j:image

ケーブルカーが見えてきました。

最近歩いてばかりだけれど、また乗りたいな。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232228j:image

ケーブルカーの清滝駅です。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232555j:image

桜が咲き始めていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404232335j:image

高尾山いえば最近の下山後のお楽しみはこちら

TAKAOCoffee

ボリュームたっぷりのキャロットケーキです。

このあと、高尾山温泉で汗を流して帰りました。

f:id:amefuri5kumanoko:20240418190903j:image

春を満喫した至福の一日でした。

#高尾山

#いろはの森コース

#琵琶滝コース

#スミレ

#春の花

#ニリンソウ

#TAKAOCoffee

 

丹沢表尾根を富士山を見ながら歩く

f:id:amefuri5kumanoko:20240404225732j:image

翌朝目を覚ますと、外は晴れていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225751j:image

真っ白な富士山が見えます。

よかった。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225819j:image

塔ノ岳の山頂にある山小屋に泊まったので、山標と富士山のコラボもすぐに撮れる幸せ。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225804j:image

富士山の右側には南アルプスの山並みが見えました。感動〜!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225703j:image

ちなみに朝ごはんはおでんでした。

これがまた温かくてしょっぱくて最高に美味い!これからたくさん歩くのでしっかり食べます!

f:id:amefuri5kumanoko:20240407010041j:image

仏山荘に別れを告げて出発したのは7時30分

本来なら5時に出て丹沢山蛭ヶ岳、檜洞丸と縦走する予定でしたが、想定外の積雪の可能性があることから計画変更、表尾根を降りることになったのでした。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225754j:image

時間にゆとりもできて正直ホッとしました。

9時間以上歩くなんて経験がなく不安でいっぱいだったからです。

もう少し修行を積んでからチャレンジできたらいいな。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225721j:image

さて、ヤビツ峠に向かいます。

表尾根の魅力はなんと言っても眺めの良さ、富士山や丹沢の山々を眺めながら歩きます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225743j:image

ところどころ雪が残っていますが登山道は問題ないレベル。チェーンスパイクも出番はなさそうです。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225747j:image

お天気は薄曇り、お日様は顔を出さなかったけれど、昨日の雨や雪に比べたら楽園、眺望も結構利いています。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225808j:image

深い谷の美しさに魅せられます。

丹沢の好きな友達が「アルプスまで行かなくても十分満足できる」と言う気持ちがわかります。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225700j:image

途中、聳り立つ岩場もありますが、しっかりと鎖やロープが整備されているので安心です。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225714j:image

新大日、烏尾山、行者岳、といくつかピークを越え、そのたび富士山が姿を見せてくれました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225718j:image
三ノ塔、ニノ塔からの眺めも最高です!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225725j:image

お世話になったこだま登山部のガイドさんと一緒に記念撮影。経験豊富で慎重な信頼できるガイドさんが案内してくださるので、天候が悪くても不安なく歩くことができました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225707j:image

最後は峠までぐんぐん急降下、ご一緒した方は、よく逆回りで登られるそうです!なんという健脚!見習わなければ。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225736j:image

無事に登山口まで降りてきました。緊張がほぐれて心地よい達成感に身を委ねます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225801j:image

帰りのバスまで2時間あるので、丹沢レストハウス「丹沢MON」でお昼休憩。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225739j:image

なんと天皇陛下浩宮様時代に丹沢山を登られた時に、山荘で召し上がったカレーのレシピだそう。名付けてロイヤルカレー!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225812j:image

クロモジ茶の香りに包まれ疲れが癒されます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225757j:image

麓の蓑毛地区で採れた人参のピュレのロールケーキはほんのり甘くて絶品でした。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404225710j:image

おや?YAMAHAのピアノがある。

バスの時間までの退屈しのぎに一曲聴いていただきました。お、ま、け。

f:id:amefuri5kumanoko:20240407013633j:image

登山靴でピアノ弾いたの初めてだった。

 

#丹沢表尾根

#塔ノ岳

#尊仏山

#新大日

#烏尾山

#行者岳

#三ノ塔

#ニノ塔

#ヤビツ峠

#丹沢MON

#ロイヤルカレー

雨の山歩き、のち富士の夕景

f:id:amefuri5kumanoko:20240404220618j:image

おなじみ、朝まだ暗いうちに家を出るワクワク山歩き。

空が明るくなるのは代々木上原あたり。

3月後半のとある日、小田急線で丹沢に向かいました。

f:id:amefuri5kumanoko:20240404220713j:image

残念ながら雨予報。外れる可能性はまったくありません。雨装備も着替えもしっかり準備。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220626j:image

本日の予定は鍋割山から塔ノ岳。

寄(やどりき)展望台からの眺めもドヨーンと曇ってグレー。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220610j:image

登山口から雨の中を歩きはじめます。

なのにカメラを向けられるとつい笑顔になってしまうこだま登山部のメンバー。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220724j:image

昨日、山支度をしていたら夫が

「雨なのに行くの?」と呆れていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220703j:image

目指す稜線は見えています。ワクワク!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220706j:image

樹林帯のうちはまだよかったのですが、稜線に出るとにわかに風が強まり横殴りに近い。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220633j:image

雨もミゾレに変わってきました。f:id:amefuri5kumanoko:20240404220558j:image

幻想的な木立の中を登ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220644j:image

ひたすらキツイ登りが続きます。

ゆっくり一歩ずつ登ればつらくない。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220537j:image

ミゾレが雪になった頃、目指す鍋割山の小屋が見えてきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220555j:image

ところがなんとショックなことに、楽しみにしていた鍋焼きうどんが売り切れ!

おまけに悪天候のため小屋を閉めるとのこと、暖をとることも許されません。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220544j:image

落胆していても仕方がない、とりあえず記念撮影だけして次の目的地、塔ノ岳に向かいます。

やはり笑顔で登頂の喜びを表します!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220630j:image

雪が積もりはじめましたが、ツボ足で歩けるレベル。なんと、ぬかるみも凍っています。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220647j:image

本来なら美しい眺めが評判の鍋割山稜。

真っ白な眺望が残念すぎる。

それでも笑顔なんだ!

f:id:amefuri5kumanoko:20240404220659j:image

休憩も立ったまま、濡れたまま。

thermosの中の温かい白湯が心身を癒してくれます。

f:id:amefuri5kumanoko:20240404220651j:image

空腹と寒さで「楽しい」より「つらい」が勝りそうななった頃、塔ノ岳山頂に到着しました!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220720j:image

記念撮影もそこそこに本日の宿泊地、尊仏山荘に駆け込みます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220614j:image

まずはストーブで濡れた装備を乾かして、身体を温めます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220602j:image

やれやれ温かいコーヒーとおやつでやっとひと息つきました。手ぬぐいも買っちゃおう!

f:id:amefuri5kumanoko:20240406004658j:image

夕食のカレーで体の底から温まり、2階の寝床が外のように寒いけれど、どうやって防寒対策をするか頭を巡らせます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220637j:image

夕食後、ふと外を見ると、なんと!青空が…晴れています!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220607j:image

なんということでしょう。

さっきまでの雨が嘘のよう。

富士山と夕陽が見られるなんて!
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220551j:image

これだから山はやめられません。

登ってきてよかった。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220540j:image

みんな小屋から出てきて写真を撮りまくります。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220547j:image

雲海の向こうに富士山
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220717j:image

刻々と色が変化していく様をずっと見ていられる幸せ。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220640j:image

寝床からは夜景も見えました。

外のように寒かったけれど、フリースやダウンを重ね着したら普通に眠れました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240404220655j:image

今回は予備で持ってきた着替えや防寒グッズを総動員して雨で濡れた身体を温めることができました。

あらためて装備の大切さを実感しながら眠りにつきました。

 

#鍋割山#小田急新松田駅#寄展望台#塔ノ岳#尊仏山荘#丹沢#表丹沢#寄登山口#櫟山#後沢乗越#q

被災地支援コンサートに出演します

f:id:amefuri5kumanoko:20240406234915j:image

毎年発表会の会場として馴染みの深いアミュゼ柏クリスタルホール。

このたび能登半島地震による災害地支援のためのチャリティーコンサートが開催されます。

f:id:amefuri5kumanoko:20240406232146j:image

共演は柏市楽家協会の会員をはじめ、近隣に在住の音楽家たち。

ご縁がありお声をかけていただきましたこと、大変光栄に思います。

f:id:amefuri5kumanoko:20240406232154j:image

第一部は子どもたちに楽しんでもらえるよう、第二部はクラシックの名曲からミュージカルや映画音楽まで、弦楽器、管楽器、歌、ピアノのアンサンブルでお届けします。

f:id:amefuri5kumanoko:20240406233946j:image

何度もステージをご一緒している気の合う仲間たち、リハーサルも和気あいあいと楽しく進みます。

この時間がまた、学びや気づきが多く貴重な経験となります。

f:id:amefuri5kumanoko:20240406233424j:image

今回、諸事情により演奏曲目が増えたことで、はじめましての曲目との出会いがあったり…

時代を超えて子どもたちに人気の曲を、アレンジの名手、轟千尋先生が素敵な作品に仕上げてくださいました!

ところが結構難しい…

本番までに間に合うのかしらん…
f:id:amefuri5kumanoko:20240406232617j:image

そして懐かしい作品との再会もありました。

プロコフィエフ作曲「ピーターとオオカミ」はその昔連弾で演奏したことがあります。

息子の通う小学校で鑑賞教室として体育館で全校児童に聴いていただきました。

文化委員のおかあさんたちにナレーションを担当していただいたり登場人物のペープサートも作っていただいて、かなり大掛かりな出し物となりました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240406232613j:image

被災地支援ということでチケットの売れ行きも過去に見ない勢いです。

「大好きな音楽を聴いて被災地支援ができるなんて」とお客様からのお声を頂戴しています。

楽しいひとときとなりますよう、あと1週間、出演者一同はりきって準備したいと思います。

 

#能登半島地震

#災害地支援

#チャリティーコンサート

#アミュゼ柏クリスタルホール

#ピーターとオオカミ

#ねこふんじゃった変奏曲

#ジブリメドレー

#ディズニーメドレー

#モーツァルト

#ショパン

#ヴィヴァルディ

#ウェストサイドストーリー

#オペラ座の怪人

#タイムセイグッバイ

 

坂と猫の町、尾道探訪

f:id:amefuri5kumanoko:20240319114100j:image

「せっかく福山に行くのに尾道には寄らないの?」
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113741j:image

旅上手の息子のアドバイスに従って

朝早めに宿を出て、尾道に向かいます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113920j:image

ほんの2〜3時間の滞在ではありますが、

尾道の街の雰囲気を味わえれば、と思います。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113832j:image

ロープウェイで山の上まで登るのが一般的とのことですが、坂の途中から見下ろす瀬戸内海の風景がいいと息子が言うので、歩いて登ることにします。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113736j:image

細い裏道を歩くのって、どうしてこんなにワクワクするのでしょう!

 

うずしお橋を渡ると古寺巡りのコースに入ります。

f:id:amefuri5kumanoko:20240319114019j:image

いきなり急峻な階段が続きます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113958j:image

持光寺に向かいます。

f:id:amefuri5kumanoko:20240401215845j:image

延命門
持光寺裏山の日輪山より切り出された36枚の花崗岩で出来た大石門。
門をくぐると、巨石より発するパワーにより寿命増長されるといわれています。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114047j:image

さらに坂を登ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114051j:image

わぁ😍いたいた!

尾道名物、猫のいる坂道。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113850j:image

少し登って振り返れば海が見える。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113726j:image

きゃー!まだまだ登る!

月末の登山に備えてトレーニング、とはいえ結構つらい…

f:id:amefuri5kumanoko:20240319113843j:image
と思ったらこんな可愛い足跡が。

f:id:amefuri5kumanoko:20240401220108j:image

海と空
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113748j:image

登って
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113828j:image

登って
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113951j:image

また海と空が広くなる
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113802j:image

小さな島が浮かんでる!瀬戸内の海!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113744j:image

きれいだなぁ。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113703j:image

千光寺公園の展望台からの風景f:id:amefuri5kumanoko:20240319113939j:image

連絡船かなぁ
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113755j:image
いつまでもみていたい風景…

残念ながら時間がないので下山します!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113839j:image

尾道といえば文豪の碑がたくさんあります
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113858j:image

有名なのは林芙美子ですが、正岡子規志賀直哉緒方洪庵など25名の詩歌や句が石碑として残されています。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113806j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113942j:image
木々の間から海が見える

f:id:amefuri5kumanoko:20240401221230j:image

ロープウェイは混雑しています
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113718j:image

降りて降りて海が近くなってきました。

f:id:amefuri5kumanoko:20240319113909j:image
千光寺です
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114012j:image
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114057j:image
え!石鎚山!これはチャレンジすべきでは!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113923j:image

若者が登ってる!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113722j:image

お父さんたちは腰がひけている!どうしよう?
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114016j:image

60代女性は見当たらない。スニーカーだしなぁ。ま、やめておくか。

f:id:amefuri5kumanoko:20240319113810j:image

あんな高さまで登るんやー、やめて正解!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113729j:image

本当にきれいな海!海岸線を歩きたい!しまなみ街道をサイクリングしたいなー
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114008j:image

あ、いたいた!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114054j:image

ここにも!お背中かゆいですか?
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113905j:image
細い坂道を降りていきます
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114104j:image

道フェチにはたまらない素敵な坂道が続きます
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114027j:image

坂道の先に海がみえる!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114108j:image

春の花がたくさん!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113751j:image

降りて降りて
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114044j:image

天寧寺の三重塔です
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114115j:image

さぁ、次なる目的地に急ぎます!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113824j:image

こちらも有名な猫の道!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114023j:image

猫にちなんだアート作品が道の両側に
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113817j:image

f:id:amefuri5kumanoko:20240319113758j:image

と思ったら、いたいた!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113714j:image

うふふ。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113954j:image

尾道の魅力をたっぷり堪能して大満足!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113934j:image

あとは一気にグルメ!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114119j:image

街に降りてきて、駅方面に向かいます。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113947j:image

地元の方に教えていただいたアイス屋さん「からさわ」
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113927j:image

暑い季節なら歩きながらアイスモナカをいただくのですが、今日は寒いので店内でクリームぜんざいをいただきます!あずきが大きくて美味しい!大納言、かな?
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113912j:image

フェリー乗り場、遠くに客船も見えました。
f:id:amefuri5kumanoko:20240319114005j:image

教えていただいた尾道ラーメンのお店は残念ながら定休日でしたので、駅の中のお店にて。

十分美味しくいただきました!
f:id:amefuri5kumanoko:20240319113707j:image

わずか2時間半の滞在でしたが、駆け足で尾道の魅力を楽しめました。次回はもっともっとゆっくり訪れよう!

 

#尾道#坂道#猫の道#古寺巡り#持光寺#千光寺#天寧寺#千光寺公園#からさわ#尾道ラーメン#北前亭