ピアノはうたう

ピアニスト小原由起子のブログです。演奏活動やレッスン、日々の暮らしで大切に想っていることを綴っています。

八ヶ岳伝説〜硫黄岳へ

f:id:amefuri5kumanoko:20210914204548j:image

雨の多かった今年の夏でしたが、9月の初めに登頂した八ヶ岳二座目、硫黄岳も素晴らしい眺望に恵まれました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155432j:image

登山口のある桜平駐車場、ここに向かう道路が大変な悪路で、四駆ではない小原号にはかわいそうなほど。しかも雨の影響もあるかも?ということで、たどり着けるかどうか事前に試走してみたという裕樹さん!気合入ってるぞ!


f:id:amefuri5kumanoko:20210913154243j:image

登山口から林道を登ること20分、夏沢鉱泉に到着。帰りにひと風呂浴びたいところですが、感染予防のため立ち寄り湯は中止しているとのこと、残念。きれいなトイレを使わせていただいて出発!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155442j:image

苔の森の中を緩やかに登ります。

初めからしんどい登りだった天狗岳の時より気持ちに余裕があります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154212j:image

脇には沢が流れていますが、やはり今年は水量が多いですね。先月の天狗岳登山の時より、さらに増しているような印象です。お盆休みもずっと雨でしたものね。

f:id:amefuri5kumanoko:20210913155451j:image

オーレン小屋に到着です。

3年前に初めて来た時には、ここですでに雨が降っていてレインウェアを装着していました。

晴れているとこんなに楽に歩けるものか、と実感。

f:id:amefuri5kumanoko:20210914204618j:image

八ヶ岳の伝説。

富士山の神様と赤岳の神様が高さ比べをして、水裁判に負けた悔しさに富士山の神様が赤岳を蹴飛ばして八つに割れたという話…。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154148j:image

夏の花が終わっていましたが、ヤマトリカブトが美しい花をつけていました。秋の訪れです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155446j:image

さぁ、オーレン小屋を出発。

赤岩の頭を目指します。ここからがキツい登り、覚悟して!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154150j:image

樹林帯を登ります。夫はいつもの静荷重静移動歩行法でゆっくり確実に標高を上げていきます。大きな岩がないので私もまだ余裕があります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155435j:image

途中で「雪?」「もう降ったの?」「まさか去年のじゃないし」
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154222j:image

どうやら昨夜の雨が、このあたりでは雹になったらしく、解けずに残っていたのでした。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154214j:image

だんだん傾斜がキツくなって足がなかなか前に進みません。

ふと振り返ると遠くに北アルプスが!あぁ、だいぶ上がってきたんだな、頑張ろう!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154228j:image

あ!あれは!

先月登った天狗岳の双耳峰の頭が覗いてる!

ということは、あと少し!頑張ろう!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155455j:image

上が明るくなって、樹林帯がまもなく終わり開けるのはわかっているのですが、パワーが出ない!これはおそらくエネルギー不足、いわゆる「シャリバテ」というやつかもしれません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154159j:image

そんなこんなでやっとの思いで「赤岩の頭」に到着しました。雲の間から赤岳の姿が見えています。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155459j:image

独特の白砂、硫黄岳の頂上もすぐそこ!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154225j:image

だけれど、何はともあれまずはエネルギー補給!おにぎりを頬張ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154230j:image

さぁ!登頂まであとわずか、足元に気をつけて頑張りましょう!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154238j:image

裕樹さんはここでも静荷重静移動歩行法。

慎重に歩を進めるのでガレ場も心配ありません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154248j:image

このあたりでも雹が残っているのを見つけたのですが、撮影する余裕なし。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154240j:image

あ!雲が晴れて赤岳が!そしてその後ろには南アルプスが見えてきた!こうなるとテンション上がってパワーも出てきます!
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154201j:image

はい、硫黄岳登頂、2760m。

やれやれ、お疲れ様でした。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154301j:image

登ってみたら山頂はなだらかなんですね。

蓼科山のような岩ゴロゴロかと思っていたのでホッとひと安心。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154204j:image

わぁ😍横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

ズラリ勢揃い!うっとりと見惚れてしまう。

f:id:amefuri5kumanoko:20210913154156j:image

硫黄岳山頂には、視界不良の時の目印にケルンがたくさん立っています。私たちも下山はここから。

でも、まだしばらくゆっくりしていたい。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154235j:image

硫黄岳の爆裂火口がはっきりと見えます。

その迫力に息を呑むほど。下を覗き込むと足が震えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154217j:image

八ヶ岳最高峰の赤岳。

いつの日か登ってみたいけれど、こうしてそびえ立つのを目の前にすると、畏れ多くてとても登れる気がしません。

次回はとりあえず硫黄岳山荘から横岳まで行ってみようかな。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154153j:image

さぁ、下山。

先月登った天狗岳を眺めながらゆっくり下り始めます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154233j:image

振り返るとなだらかな山容。

赤岩の頭からのルートとはまったく別の顔。

これが山の面白いところ。

次回は逆ルートで来てみようかな。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155645j:image

3年前に来た時は風雨が強く、このあたりで撤退をしたのでした。初めての八ヶ岳でしたが、連れてきてくれた仲間のことを今回も何度も思い出しました。山の素晴らしさを教えてくれて心から感謝しています。

f:id:amefuri5kumanoko:20210913155411j:image

樹林帯に入りました。夏沢峠はもうすぐそこです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154256j:image

崩落による迂回路。これは3年前のままです。f:id:amefuri5kumanoko:20210913155408j:image

夏沢峠に到着。見上げる硫黄岳の爆裂火口。

ここから見える風景が大好きで、ぜひまた来たい。今度は箕冠山から根石岳にも登りたいな。

f:id:amefuri5kumanoko:20210913154258j:image

もう急な箇所はなく、オーレン小屋まで静かな苔の森を緩やかに下ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155641j:image

…と、登山道のはずが水たまりではなく小さな川になっています。足を濡らさずに下りれる程度ですが、前回はなかったように思います。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154206j:image

あちらこちらに補修工事が入っていました。

ありがたいことです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913155415j:image

滑らないようにネットが張ってあります。

材料を運んで直して…大変な作業だと思います。

f:id:amefuri5kumanoko:20210913155503j:image

こちらも崩落していました。

すばやく通り過ぎます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154145j:image

美しい苔の森がどうか守られますように。

私たち登山者のマナーと意識も大切だと思います。
f:id:amefuri5kumanoko:20210913154253j:image

桜平のゲートまで戻ってきました。

今回はコースタイムのちょっと増しくらいで下りて来られました。

ともあれ、怪我がなく無事でよかった。

ありがとうございました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210914204700j:image

 

#八ヶ岳

#硫黄岳

#夏沢鉱泉

#オーレン小屋

#赤岩の頭

#硫黄岳山頂

#爆裂火口

#ケルン

#夏沢峠

#山歩き

#山が好き

#眺望に感謝

#家族に感謝

#ピアニスト小原由起子

#山のブログと言わないで

http://yukiko-kohara.com/

おとなになって習うピアノの楽しさ

 

f:id:amefuri5kumanoko:20210908134946j:image

おとなの生徒さんによるおさらい会を開催しました。昨年はコロナ禍によりできませんでしたが、今回は参加人数を制限して、演奏者のみのご来場ということでやることになりました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210909100232j:image

毎年冬にアミュゼ柏や森のホールで開催する発表会。(こちらはアミュゼ柏での発表会の様子)

おとなの生徒さんから「人前で弾くのはとても緊張するので、年に一度ではとても慣れない、もっと機会があると嬉しい」とのご希望をいただき、何年か前から夏の終わりに希望者だけを集めて「おさらい会」をやるようになりました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210908134937j:image

松戸駅西口にあるアリエッタホールは定員66名ほどのコンパクトなホール、足の便のよさもあり、松戸クリスマス音楽祭でも定番のコンサート会場となっています。
f:id:amefuri5kumanoko:20210908135101j:image

ホール専属ピアノ調律師の大谷さんは地元松戸の音楽文化振興のために尽力されている方で、これまでに数えきれない多くのコンサートを企画、開催されてきました。私も貴重な舞台の機会をたくさん頂戴し、今日松戸で音楽活動ができるのは、大谷さんのおかげなのです。

f:id:amefuri5kumanoko:20210909090959j:image

今回の参加者は7名「この日のために」ではなく「いま練習している曲」をご披露。

そして単なる「度胸試し」で終わらないよう、舞台で弾いてみて、いつもと違うピアノでのタッチ、響きに耳を傾けることにトライしていただきます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210908162653j:image

1番年上の生徒さんは、門下生みんなの憧れ。あんなふうにピアノを続けられたらどんなに幸せでしょう。私たちの目標です。
f:id:amefuri5kumanoko:20210908162658j:image

今日のメンバーは全員が音大卒ではありません。小さい頃にピアノを習っていて、長いブランクののちに再開された方がほとんどです。

お子さんが使っていたピアノが今ではママ専用になり、毎日の暮らしの中で励みになっているそうです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210908162655j:image

お仕事から帰宅してヘッドホンを付けて練習に励む方もいらっしゃいます。

子育てや仕事、介護とお忙しい中で、ピアノに向かう時間を確保するのは大変なことだと思うのですが、その時間は自分のためだけにあるので至福の時、との言葉を聞くと、私はどうだろう?とあらためて身の引き締まる思いです。

f:id:amefuri5kumanoko:20210908162619j:image

演奏はそれぞれがご自分の課題と向き合っていらして、聴いている私たちの心に美しく届きます。どなたも皆さん音がきれいなのが私の指導者としての自慢です。

もちろん反省点もあり、ご本人は悔しかったり残念だったりする部分もあるのですが、それは次回の舞台への宿題、また一緒に頑張りましょう。

f:id:amefuri5kumanoko:20210909094546j:image

今年は秋の訪れも早いように感じます。

1月の発表会の準備に取り掛からなければ!と気持ちも新たにレッスンに励もうと思います。

 

#おとなのピアノ

#初心者から

#長いブランクでも大丈夫

#おとなのおさらい会

#松戸アリエッタホール

#モーツァルトソナタイ短調

#メンデルスゾーン詩人の竪琴

#シューマン小さな練習曲

#ブラームス間奏曲

#ドビュッシー亜麻色の髪の乙女

#グラナドス演奏会用アレグロ

#ラヴェルソナチネ

 

#ピアニスト小原由起子

http://yukiko-kohara.com/

 

 

バルコニーコンサート2021夏

f:id:amefuri5kumanoko:20210830064455j:image

昨年に引き続きバルコニーコンサートを開催しました!

https://youtu.be/gBygrAEVsyg


f:id:amefuri5kumanoko:20210830064448j:image

雨の多かった今年の夏でしたが、今年一番の暑さかも?と思うほどの晴天!

これはバルコニーコンサート日和!と敢行決定!
f:id:amefuri5kumanoko:20210830064458j:image

早速ピアノや収録機器を設営します。

急な風で楽譜が飛ばないように洗濯バサミも。f:id:amefuri5kumanoko:20210830064442j:image

一番の問題はバルコニー下の伸び放題になっているドウダンツツジ

リハーサルよりも枝払いに一生懸命なトランペット奏者…。

おーい、虫に刺されるなよー

f:id:amefuri5kumanoko:20210830064531j:image

こんなに青空が広がるのも久しぶり。

そして夕立の心配もなさそうです!
f:id:amefuri5kumanoko:20210830064508j:image

実はこの週末、別のところで演奏予定でした。

感染拡大により延期になったのでした。

準備してあった曲を聴いていただける幸せ。
f:id:amefuri5kumanoko:20210830064438j:image

若い頃は屋外で弾くことに抵抗がありました。

一度やってみるととても気持ちがいい!

特に緑の中は最高です。
f:id:amefuri5kumanoko:20210830064445j:image

ご近所の皆さんが立ち寄ってくださいました。

「やっぱり生の音楽はいいわねー」

「なんかね、聴いているとワクワクして身体が揺れちゃうの」

「心に沁みるわー」

嬉しいコメントをたくさんいただきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210830064501j:image

トークも入れながら、クラシックの名曲や映画音楽などを約1時間聴いていただきました。f:id:amefuri5kumanoko:20210830064505j:image

嬉しい差し入れ…手作りのお菓子に庭に咲いていたお花が添えられていました。

そして心温まるメッセージも。
f:id:amefuri5kumanoko:20210830064452j:image

終演後は片付けをしてから、やはり差し入れでいただいたシャンパンをバルコニーでいただきました。

だんだん暗くなる空を眺めながら…。

f:id:amefuri5kumanoko:20210830065004j:image

高原の短い夏はもうおしまい…

どんな社会状況になろうとも、人の心に音楽は必要。

withコロナ、音楽に励まされながら頑張って乗り切りますよ!

 

#ピアニスト小原由起子

#トランペット小原裕樹

#ローランドFP80

#アマポーラ

#ヴィヴァルディ=バッハ協奏曲

#ショパンノクターン9-2  

#ハトと少年

#亜麻色の髪の乙女

#ニューシネマパラダイス

#summer

#世界の約束

#いのちの歌

#Stand alone

山歩き、家族の記憶〜八島湿原

f:id:amefuri5kumanoko:20210825234944j:image

夏らしい青空が少なかった今年の夏。

ウイルスに関わる心配事にいつも心が塞ぐ日々、空模様まで暗く雨が多かったように思います。

f:id:amefuri5kumanoko:20210825234908j:image

それでも季節はめぐり、植物は夏から秋へと移り変わる。

八島湿原にはマルバハギが咲いていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234901j:image

子どもの頃から夏が苦手でした。

炎天下を歩く、汗びっしょりで走り回る、海辺で砂まみれになる…こんなことが嫌いでした。

だから夏の終わりはホッとする。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234839j:image

ハクサンフウロはもうおしまい。

今年の夏はたくさん会えました。

 

f:id:amefuri5kumanoko:20210829075619j:image

体力もなく、運動も嫌いな私を、山に連れて行ったのは父でした。

といっても高尾山、御岳山などケーブルを使って登れるハイキングばかりでしたけれど、山の匂い、稜線から眺める風景を覚えました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234937j:image

小学校高学年になると車酔いをするようになり、登山口に到着するまでが憂鬱で気が進まない時期もありました。そんな私に父は不機嫌になり、優しい母に励まされて歩いた記憶があります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234831j:image

山で見知らぬ人とすれ違う時に挨拶をすることも、頂上でお湯を沸かして温かいものを食べられることも、子どもの心を弾ませる山歩きの魅力でした。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234912j:image

高校生になると家族のハイキングの日はひとりで留守番をするようになり、しばらく山歩きからは遠ざかります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234828j:image

小学生になった息子を誘ってハイキングに出かけたのは、遠い家族の記憶が楽しかったからに違いありません。

しかし知識がまったくなく、地図も持たずスニーカーで歩いていましたから、今思うと危機感が足りなかったですね。何事もなくよかった。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234920j:image

鉄道好きの息子は誘えばついて来て、文句も言わずに一緒に山を歩きました。

この記憶が、今度は息子が将来誰かを誘って山を歩くことにつながるのかな。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234923j:image

夫は山歩きの習慣のない家庭に育ちましたが、子どもの頃から父にスキーに連れて行ってもらっていたので、また違った角度で自然に親しむことを知っていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234931j:image

お互いにその楽しさを伝えながら家族で自然に親しんでいます。

なぜか海派ではなく山派です。

海は眺めるだけで満足、マリンスポーツの魅力はまだ知りません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234835j:image

山を歩くことは危険と隣り合わせ、どこか緊張感があって、気の小さい私は実は心の底から楽しめているとは言えません。

やっとの思いで登頂したのに、もう下山のことが気になってアレコレ不安になるのです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234905j:image

お天気や道迷い、怪我、虫、クマ、心配材料はキリがありません。汗だくで帽子の中の頭は痒いし早くシャワーを浴びたい、降りたら何を食べようか、そんなことばかり考えて歩いています。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234854j:image

なのに、また山に行きたくなる。

SNSや動画で楽しい山歩きの報告があると、登りたい山リストに次々と追加されていきます。あといくつ登れるかな、休みの日は限られていて、天候にも左右されます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234934j:image

もっと早くから山歩きを始めておけばよかった…若者がスイスイと自分を追い抜いていくたび、そう振り返ってしまうことがあります。

登れた山も多かったかもしれないし、テント泊も当たり前だったかも。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234843j:image

一方で私より歳上のハイカーもとても多くて驚かされます。無理のないペースで楽しまれている姿には勇気をいただいています。思わず心の中でお礼と応援をつぶやく。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234941j:image

ハクサンフウロの濃いピンクさん達が群生していました。ググってみたら、アサマフウロ?アケボノフウロフウロは風露草と書くのですね。

f:id:amefuri5kumanoko:20210825234928j:image

一日も長く山歩きを楽しめますように。

体力作りや食事に気をつけて、健康に歳を重ねられるよう日々の努力ですね。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234857j:image

憧れの山はたくさんあるけれど、焦らず謙虚に着実に歩みを進めて行こうと思います。f:id:amefuri5kumanoko:20210825234847j:image

あれ?ピアノのブログじゃないの?と笑われてしまうほど山の話題ばかりですが、どうぞ懲りずに覗いてください。

拙い写真ですが、山歩きの魅力を伝えて行けたら、と思います。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825234916j:image

 

#山が好き

#山歩きが好き

#稜線歩きが好き

#樹林帯歩きも好き

#岩はちょっと苦手

#下りも苦手

#下りを克服したい

#百名山にはこだわらない

#ピークハントも興味なし

#家族の記憶

 

#ピアニスト小原由起子

http://yukiko-kohara.com/

 

夏から秋へ〜湯の丸山

f:id:amefuri5kumanoko:20210827181124j:image

今年の夏は雨が多く、連休やお盆休みも全部雨。コロナ禍だし、どこへも行くな、ということか…と半ば諦めていたある日、朝起きたら青空が広がっていて、居ても立っても居られなくなり!

これから用意して出かけても登って来られる山、ということで湯の丸山を歩いてきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071830j:image

北八ヶ岳方面も候補に挙がったのですが、先日の大雨で登山道が冠水するなど荒れているとの情報があり、被害の少なかった浅間連峰を選びました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071655j:image

冬は「湯の丸高原スキー場」として賑わう地蔵峠に車を止めて、リフトを見上げながらゲレンデを登ります!
f:id:amefuri5kumanoko:20210825083330j:image

牛さんがのんびり草を食むのを眺めながら…
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071556j:image

イタドリの花がたくさん咲いています。

冬になればこの上に雪が降り積もってスキーヤーが滑るとは、なかなか想像できません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071834j:image

リフトの終点を過ぎると平坦な道に。

右側はつつじ平、初夏の頃にはレンゲツツジが満開になるそうです。

f:id:amefuri5kumanoko:20210825071837j:image

このあたりで、大きな動物のフンをいくつも目撃。この大きさだと、もしかしてクマ?

クマの目撃情報の看板もありましたが、令和2年6月のもの、いやいやそんな古くない、昨日今日したばかりの感じ。それとも牛さんがここまで登ってくる?

f:id:amefuri5kumanoko:20210825071550j:image

分岐まで来ました。このまま湯の丸山に進みます。

f:id:amefuri5kumanoko:20210825071742j:image

緩やかに登り始めます。

登山道の両側に高山植物がいっぱい!


f:id:amefuri5kumanoko:20210825071756j:image

マツムシソウ
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071823j:image

ウツボグサ
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071642j:image

ハクサンフウロは終わりかけ…
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071649j:image

少し開けた場所で休憩。

雲の合間から青い山並みが見えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071659j:image

さらに登り続けるとイタドリとヤナギランのお花畑が。
f:id:amefuri5kumanoko:20210827181109j:image

山の植物は夏から秋へ移る変わる時期のようです。


f:id:amefuri5kumanoko:20210825071610j:image

稜線に出ればまもなく山頂が見えてきます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071614j:image

湯の丸山南峰2101m登頂。

後ろには烏帽子岳が見えていますが、今日は雨が降りそうなので周回はやめてピストンで下山します。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071709j:image

雨が降り出す前に湯の丸山北峰には行っておきたい!
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071637j:image

美しい高山植物たちが咲き誇り、まるで天上の楽園。頑張って登った人が味わえる幸せ。

マツバトウダイ

f:id:amefuri5kumanoko:20210825071624j:image

ハクサンオミナエシ

f:id:amefuri5kumanoko:20210825071634j:image

南峰はなだらかな山だったけれと、北峰は岩がゴロゴロしています。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071827j:image

大きな岩を歩くの苦手…。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071652j:image

秩父の山並みも見えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071553j:image

湯の丸山北峰2099m登頂。

f:id:amefuri5kumanoko:20210826002633j:image

わぁ!不穏な雲が近づいてきた!

冷たい風は雨の予感!
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071631j:image

いつまでも居たい楽園だけれど…

さっさとおにぎりを頬張って下山準備。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825083649j:image

足元にはウメバチソウf:id:amefuri5kumanoko:20210825071817j:image

おぉ、ガスって来ました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071620j:image

あっという間に真っ白な世界に。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071559j:image

それ!降られないうちに下山だ。

でも急がず慌てず慎重に。

f:id:amefuri5kumanoko:20210827185946j:image

それでも花を振り返りながら。

きれいな姿を見せてくれてありがとう。

また来年の夏に会いましょう。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071759j:image

わー雨雲来ないでー!

f:id:amefuri5kumanoko:20210825071603j:image

うっすら浅間山の一部が見えた時もあったけれど、すぐに雲の中に。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071806j:image

アンゼリカとベニバナイタドリ
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071803j:image

分岐まで降りて来ました。

あとは平坦な道をキャンプ場に向かいます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071810j:image

このあたりはハイキングコースにもなっているので、軽装備の方々もすれ違います。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825071617j:image

キャンプ場から振り返った湯の丸山。

降られなくてよかったねぇ。
f:id:amefuri5kumanoko:20210825083334j:image

花には蝶や蜂がたくさん止まって蜜を吸っていました。

虫によって好な花があるのかな。f:id:amefuri5kumanoko:20210825071820j:image

無事に登山口に戻って来ました。

どんなにお気軽山歩きでも、登山口に帰ることができるとホッとします。

今日も怪我なくよかった。

お疲れ様でした。

 

#浅間連峰

#湯の丸

#高山植物

#地蔵峠

 

#ピアニスト小原由起子

http://yukiko-kohara.com/

台湾に行ってみたい!

f:id:amefuri5kumanoko:20210815110945j:image

「Taiwan Grand Concert 〜台湾と日本のハーモニー」

夫がこちらのコンサートに出演。

ゆっくり客席で楽しませていただきました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210815110951j:image

会場は豊洲シビックセンターホールf:id:amefuri5kumanoko:20210815111030j:image

豊洲駅から直結、あいにくの雨模様でしたが傘を刺さずに入ることができます。f:id:amefuri5kumanoko:20210815111034j:image

江東区の公立のホールだというのに

新しくて綺麗で…
f:id:amefuri5kumanoko:20210815110941j:image

そしてなんと、イタリアの名器 FAZIOLIが!

豊かな響きがとても楽しみ!
f:id:amefuri5kumanoko:20210815111004j:image

まずは声楽やトランペット、ピアノソロで台湾の作曲家の作品が披露され

温かく優しいメロディーが心に残ります。

続いてクラシックの小品、オペラアリアが並び、名曲ばかりで聴き応えがあります。

f:id:amefuri5kumanoko:20210816111329j:image

休憩時間には名器を目の前で!

以前一度だけ弾いたことがあるのだけれど、あまりに素敵な響きで学生の伴奏だったのにウキウキワクワクが抑えられなくて困ったのを覚えています。

f:id:amefuri5kumanoko:20210815111009j:image

後半は映画音楽も。クラシックからポピュラーまで楽しいプログラムが続き、温かな雰囲気と豊かな響きの中で心地よいひととき。
f:id:amefuri5kumanoko:20210815111018j:image

主宰の台湾の方のご挨拶からは「日本大好き!」という言葉が何度も聞かれます。

温かな笑顔と優しい語り口、すっかり魅了されました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210815111021j:image

聞けば美味しいものの話題も豊富。

そういえば私の周りの「食通」「舌の肥えた」人たちが口々に「台湾はいい!」と仰るので、行ってみよう、と企画をしようとしたらコロナ禍になってしまったのだった…

落ち着いたらぜひぜひ行ってみたい!


f:id:amefuri5kumanoko:20210815111026j:image

終演後は外の景色も一緒に。

オリンピックも終わり、パラリンピックまでの間、ひと息ついているような豊洲の風景。

f:id:amefuri5kumanoko:20210816113313j:image

感染拡大の中、無事に開演まで漕ぎ着けるには相当なご苦労があったことと思います。

また当日の予防対策も万全で安心して鑑賞することができました。主催者やスタッフの皆さんを心から労いたいです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210815110955j:image

こんな楽しいコンサート、私も本当ならもっとたくさんのお客様をお誘いしたかったけれど…。

そんな中、聴きに来てくださったお弟子さんたちに感謝いたします。

いつも応援してくださってありがとうございます!

f:id:amefuri5kumanoko:20210816113806j:image

久しぶりにゆっくり夫の演奏をきくことができて大満足。歳を重ねてもまだまだ舞台に立てますように、一緒に努力していきたいと思います。

 

#TaiwanGrand Concert

#台湾と日本のハーモニー

#豊洲シビックセンターホール

#トランペット小原裕樹

#台湾に行ってみたい

 

http://yukiko-kohara.com/

#ピアニスト小原由起子

天狗岳・㊗️夫の八ヶ岳デビュー

f:id:amefuri5kumanoko:20210810074128j:image

そもそも私がこんなに山歩きにハマってしまったのは、3年前に山の先輩仲間にお声かけいただいて、八ヶ岳を歩いた時の感動があまりに大きかったから。

あの日はこの分岐を右に行ったっけ…。

f:id:amefuri5kumanoko:20210809203904j:image

この夏はぜひ夫に八ヶ岳デビューを!と「私が」熱望しておりまして、あれこれコースを迷った結果、もしバテたら第一展望台までで引き返すも有り、ということで天狗岳に向かって出発いたしました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203927j:image

唐沢鉱泉で登山届を出します。

午前7時過ぎ、他にも何組か登山者が。

早く戻れたらこちらの温泉にも入ってみたい。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810073856j:image

さぁ、登山口!この橋を渡って戻ってくるのか?それとも周回して沢沿いに降りてくるのか…。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810073831j:image

苔むした美しい沢、のちにうんざりすることになるとは…
f:id:amefuri5kumanoko:20210810073921j:image

初めから結構な登りが続きます。

曇り空なので暑さはそれほど感じません。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203842j:image

入念な下調べをしましたが「初心者向け」「八ヶ岳デビューに最適」とあるこのコース。

…え、ほんまかいな?
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203846j:image

1時間ほど歩いて分岐に到着。私はいつも最初の20分が1番しんどい。今回はゆっくり歩いているので大丈夫。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810074131j:image

というのも、夫は「静荷重静移動歩行法」というのを試してみたい、とのこと。

疲れない歩き方なのだそうです。たしかに息は上がりませんが、なんといってもゆっくりです。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810074118j:image

さぁ、そんな登りにも飽きてきた頃、景色が開けて来ました。

お!あれに見えるは…赤岳ではないだろうか!
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203948j:image

第一展望台に到着。

「どうする?引き返す?」

「この景色見たら行くしかないだろう」
f:id:amefuri5kumanoko:20210810074125j:image

とりあえず先に進みます。

足元の岩が大きくなってきました。

コメツガの美しい樹林帯を抜けると

f:id:amefuri5kumanoko:20210810073859j:image

程なく第二展望台に着きました。

薄雲の向こうに南八ヶ岳の山々が!

f:id:amefuri5kumanoko:20210810081612j:image

登る気満々!

では頑張って西天狗岳を目指しましょう!
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203937j:image

晴れてきました。

しかしここから西天狗岳山頂までは岩場の連続!ストックをしまい軍手を装着。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203952j:image

昨年の夏に三ツ岳でガイドの上田さんに教えていただいた岩場の歩き方が蘇ります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810074115j:image

次はどこへ?と迷っても矢印や丸が導いてくれます。感謝!感謝!
f:id:amefuri5kumanoko:20210810074058j:image

振り返れば岩場の向こうにさっきまで歩いてきた山が見えます。ずいぶん上がってきましたが、高度感はそれほどありません。


f:id:amefuri5kumanoko:20210810074755j:image

おぉ!山頂は晴れて最高の眺望ではないか!

後ろに見えるのは硫黄岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳

f:id:amefuri5kumanoko:20210810074718j:image

西天狗岳登頂。2646m

いつも遠くからうっとりと眺めている南八ヶ岳の山並みがこんなに近くに!

f:id:amefuri5kumanoko:20210809203908j:image

岩のかげに咲いているのはもしかして!

西篭の登山で見つけられなかったリンネソウ!

小さく可憐な花が過酷な環境で咲いていることに胸が震えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203944j:image

言葉もなく見惚れてしまう。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203921j:image

硫黄岳の爆裂火口跡

3年前は山頂手前で風雨が強くなり、硫黄岳登頂を断念して撤退、翌日本沢温泉からこの景色を見上げたのでした。

f:id:amefuri5kumanoko:20210810074121j:image

鞍部まで降りてきて西天狗岳を振り返る。

70歳代と思われるグループもいらっしゃる!

f:id:amefuri5kumanoko:20210810075641j:image

西天狗岳の優しく美しい稜線

f:id:amefuri5kumanoko:20210809203914j:image

そしてこれから登る東天狗岳は岩峰。

でも、ここからはそんなに大変ではないはず。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203930j:image

ほら、山頂の標柱が見えています!

とはいえ、ガレ場ですから足元には気をつけて慎重に登ります。

夫はここでも滑らないように「静荷重静移動歩行法」にこだわります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203911j:image

天狗岳に登頂。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810073849j:image

ここからも絶景を楽しみ、ゆっくりしたいところですが…

前日も大雷雨があったことだし、不穏な雲も見えているので、サッと先に進むことに。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203839j:image

振り返ると切り立った岩峰が見えます。f:id:amefuri5kumanoko:20210810073852j:image

ここは風の強い時に滑落のリスクが高いとされているポイント。

今日は幸い好天に恵まれましたが、それでも慎重に降りていきます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203832j:image

大きな岩の間を跨いだり、手を使って降りたり、うんざりするほど、岩、岩、岩が続きます。

f:id:amefuri5kumanoko:20210810073928j:image

その隙間に咲く高山植物たち。

ゴゼンタチバナ
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203940j:image

オトギリソウ?
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203955j:image

イワツメクサ
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203958j:image

昨年の秋に白駒池から登った「にゅう」が見えてきました。

手前の岩壁は稲子岳かな?

岩登りのメッカだと聞いて「あそこを登るの?」と背筋が震えます。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203849j:image

岩場がひと段落、もうすぐ中山峠というところで一息つきます。やっと樹林帯に入ると思いきや、まだまだ続く岩の道。


f:id:amefuri5kumanoko:20210810073914j:image

遠くに黒百合ヒュッテが見えてきました。

足元には白く清楚な花が!

形から見てトウヤクリンドウかな?

f:id:amefuri5kumanoko:20210810073841j:image

ようやく中山峠に着きました。

白駒池からここを経由して東天狗岳に登るコースも候補に挙がりましたが、いやいや、こちらもハードかと…。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810075841j:image

あぁ、平な木道を歩くって、なんて楽なんでしょう。ハードな岩の道とはさようなら〜

f:id:amefuri5kumanoko:20210810075904j:image

キャンプ場に到着。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810073910j:image

憧れの黒百合ヒュッテです。

すでに14時半、名物のビーフシチューは売り切れでしたが…

f:id:amefuri5kumanoko:20210810073917j:image

手書きのボード

たくさんの登山者に愛されている山小屋です。

f:id:amefuri5kumanoko:20210810141136j:image

イラストがとても可愛いので買ってしまいました。

f:id:amefuri5kumanoko:20210810074054j:image

ホッとしてアイスを食べてしまいました。

こんなにのんびりしていて大丈夫?
f:id:amefuri5kumanoko:20210810075412j:image

ここからは90分で唐沢鉱泉に戻れるはずでしたが、またしても大きな岩の道が続き…
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203900j:image

おまけに苔むした岩が滑る滑る!

沢の中を歩く箇所もあります。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810080003j:image

ビビリの私は転ばないように慎重に足を運びます。その結果、ものすごいスローペースに。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810073834j:image

やっと渋の湯との分岐に着いた頃には、コースタイムの倍の時間が過ぎていました。
f:id:amefuri5kumanoko:20210810074051j:image

16時までには着いているはずが、もう17時20分!夏だから良いけれど、日の短い季節だったと思うとゾッとします。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203853j:image

やれやれ、やっと唐沢鉱泉に戻ってきました〜

無事でよかった。

転ばなくてよかった。

日が暮れる前でよかった。
f:id:amefuri5kumanoko:20210809203918j:image

源泉を見つけました!触ってみたら冷たかった…。

唐沢鉱泉はすでに夕食の時間、楽しみにしていた日帰り入浴は終わっていました…そらそーだ。

f:id:amefuri5kumanoko:20210810145207j:image

夫の八ヶ岳デビューは

「あの歩き方はいいな!疲れないぞ」

「次は硫黄岳だな!」

どうやら大成功のようです。

一緒に歩けたことに感謝!

まだまだ課題も反省もたくさんあるけれど、これからも少しずつ無理なく八ヶ岳歩きを楽しみたいと思います!

 

#八ヶ岳

#北八ヶ岳

#西天狗岳

#東天狗岳

#天狗岳周回

#唐沢鉱泉

#黒百合ヒュッテ

#夫婦で山歩き

#ピアニスト小原由起子