ピアノはうたう

ピアニスト小原由起子のブログです。演奏活動やレッスン、日々の暮らしで大切に想っていることを綴っています。

アイラブ地元松戸

本日のお客様は学童の子どもたち!

もう半年になります。 集まってはいけない。くっついてはいけない。大声で話してはいけない、笑ってはいけない、歌ってはいけない。 コンサートは中止。 演奏する人も、お客様も、裏方さんも、コンサートに関わる人みんな、会えなくなってしまいました。 「…

ドビュッシーと日本の昔話

絵本の読み聞かせを始めてから15年が経ちました。 息子の通う小学校で読み聞かせボランティアの募集をしていました。 読み聞かせはやったことがなかったけれど、絵本が好きだったことと、何より一年生になったばかりの息子が学校でどう過ごしているのか覗い…

雨の日はラヴェルを聴いてみませんか

最近は「梅雨入り宣言」はしないのですね。 「梅雨入りしたとみられる」となんだかはっきりしない表現…。 もっとも昔とは気象条件も変わって来ていて、ピンポイントで大雨や竜巻があったりするし、一括りに「どこどこ地方」と発表しづらいのかもしれませんが…

心をなぐさめ、癒し、向き合うのは

自粛生活にも慣れてきて毎日のごはん作りが楽しめるようになりました。オンラインレッスンもコツがわかってきたので生徒さんとのやりとりもスムーズになり、また皆さん時間があるのでよく練習してあってオンラインでもぐんぐん進んでいます! 社会全体も「気…

ピアノに向かう気持ちになれない日々

長引く自粛生活、外出を控えてはいるものの、食事や雑貨の買い物に出るついでに住宅地を散歩しています。 なぜ住宅地かというと「密」を避けられるだけでなく、街路樹や道端の雑草、お宅のお庭で丹精された花木がとてもとても美しく、目を楽しませてくれるか…

沈んだ心を布マスクが救う!

ご近所散歩以外、家ごもりの日が続きます。 松戸根本吉祥寺さんの牡丹が咲き始めました。 2つ前のブログでマスクを手作りしている話題を書きましたが、あのあと縁あって大量の注文をいただきました。 それも商品として値がつくとのこと。 つまりお仕事という…

2020春〜手作りマスクは心に優しい

もともと肌の弱い私は不織布(ふしょくふって読むのね、ふおりぬのかと思っていました(汗))のマスクが苦手で、そうでなくても花粉症で鼻がかゆいのに、ますます荒れて顔全体にかゆみが拡がるという悪循環を繰り返していました。 そこで! 昨年の冬、ふと…

自粛、中止にも負けずに応援しています!

コロナ、コロナってそこまでするか?って疑問に思うような状況になりつつあります。 とはいえ不満や文句を言ってもウイルスには勝てないので、予防をしながら乗り切りたいと思います。 春だというのにお出かけも自粛。 6年生は卒業までの楽しい予定がぜーん…

弥生初日はカフェでゆっくり

家の近くにお気に入りのカフェがある暮らしに憧れていました。 家に帰れば夫が美味しい珈琲を淹れてくれるし、いただきものの焼き菓子もあったりするのですが、やはりカフェでゆっくり、が好きなんです。 仕事帰りにひとりで寄るのも好きだし、気の合う仲間…