ピアノはうたう

ピアニスト小原由起子のブログです。演奏活動やレッスン、日々の暮らしで大切に想っていることを綴っています。

演奏活動

卒業生の参加をお待ちしています

取手駅からバスに乗って、国道6号線を左折すると、田園風景が大きく広がり遠くに紫峰筑波山が見えてきます。 聖徳大学附属取手聖徳女子中高は、四方を田園に囲まれて四季の移ろいを全身で感じることのできる素晴らしい環境にあります。 https://youtu.be/5W4…

集合写真のない発表会

今年の発表会は感染予防のため集合写真の撮影を取りやめました。 とても残念ではあるけれど、参加者みんなの安心安全のため諦めなければなりませんでした。 発表会ができただけ幸運だと思うことにしています。 例年は、集合写真と個人演奏写真の2枚組アルバ…

2021発表会を無事に開催しました

緊急事態宣言下に発表会を開催するなんて…という迷いがありました。 でも生徒さんたちに出欠を訊ねてみるとほぼ全員から出席のお返事! 会場となる柏市の公共施設「アミュゼ柏」の感染予防ガイドラインに沿って対策を施せば大丈夫!そう信じて準備を進めてき…

田園エローラで録音

2021年、年明け一発目の本番! まだ松飾りも取れないうちからドキドキワクワクのレコーディングです。 松戸クリスマス音楽祭で共演したヴァイオリン奏者の脇野さんからお声かけいただき、松伏町の公式動画チャンネルに参加させていただくことになり、撮影と…

ピアニストのメンテナンス その6

手の不調に温熱療法が効くことがだんだんわかってきました。 先日受診した整形外科のドクターの指示通り、服薬と湿布と温熱療法を繰り返したら、症状は改善されてきました。 まだ薬で抑えているだけかもしれませんが、明らかに調子がいい! そういえば我が家…

ピアニストのメンテナンス その5

音楽家のための治療は「練習を休まずに治療すること」そんな虫のいい治療法はあるのかしら? 今回は今までなったことがない症状。 夜中や朝、目が覚めたときに右手がこわばって動かしにくい。 運転してハンドルを握ると、そのあとグーパーしにくい。 フライ…

引き際を考える時

2020年内最後の本番。 今年は開催を迷ったと仰るクラリネットの先生の門下生の発表会です。 コロナ禍でお休みしていた時期もあったそうですが、生徒さん達の熱意は変わることなくレッスン再開をとても喜ばれたとのこと。 幼い息子と毎日のように乗っていた新…

おうちで楽しむ🎄2020クリスマス

2020がこんな年になるなんて誰が予想できたでしょう?疫病の流行なんて昔話の中の出来事のようです。それも現在進行形、事態は深刻化する一方です。 憂慮したり不満を言っても始まらない。 何かできることを探すしかありません。 きっと誰もが心を乱され余裕…

「お寺でクリスマスコンサート 7」ご視聴ありがとうございました

【松戸クリスマス音楽祭2020】 「お寺でクリスマスコンサート 7」 おかげさまで無事に終演しました。 仏教のお寺でキリスト教のクリスマスの音楽を、と異文化コラボが人気のコンサートも今年で7回目。 松戸根本の「吉祥寺」さんは真言宗豊山派の由緒あるお寺…

ムーンライト🌙コンサート 無事終了しました

今年で4回目のムーンライトコンサート、コロナ禍にもかかわらず100名を超えるお客様にご来場いただきました。 松戸クリスマス音楽祭2020の一環として 「街はステージ松戸宿・旧水戸街道で音楽を」をサブタイトルに松戸市民劇場にて開催されました。 とはいえ…

恋歌に寄せて

【松戸クリスマス音楽祭2020】 トランペットとピアノのためのオリジナル作品は思いのほか少ない。 歌曲は本来歌詞があり音楽と共に詩の意味や言葉の美しさをも聴いている人が楽しめるものだが、それをトランペットで演奏するには相当な工夫が必要だと思う。 …

続いてピアノソロを3本!

緊張しました〜〜〜 そりゃコンサートだって、できればミスはしたくない。 しかしなかなかノーミスって難しい。 録音は残るし、どこで誰が再生するかわからない。そんなことを考えると胃が痛くなり口内炎ができちゃうので、できるだけ作品と向き合うことにす…

録ったで〜動画5本!まずはバッハから

【松戸クリスマス音楽祭2020】 今年はライブ配信と動画配信でお送りするとのことで、これまでの出演者に動画提出の話が舞い込んできました。 コロナ禍のおかげで録音を録って公開することにすでに抵抗はなかったけれど、できればいい音で録りたい…と思ってい…

素敵なサロンでお気に入りの作品を

松戸クリスマス音楽祭で使う動画の録音、録画を行いました。 前回の記事を書いた後に、諸事情により大幅な曲目変更を余儀なくされ…練習の日々 慣れないことは身体に良くないのか、手指、肩首、あちらこちらに不調を来しつつも気持ちだけはぐんぐん盛り上がり…

気分はもうクリスマス⁉️

花火大会も松戸まつりも中止になりクリスマス音楽祭はどうなるのか⁉️と不安でいっぱいだったのですが、どうやら開催される見通しで、関係各位のご苦労やご配慮はいかばかりかとお察しするとともに、心より感謝をお伝えしたいと思います。 とはいえ、昨年まで…

コンサート再始動〜感染予防に配慮しつつ

この土日は、久しぶりにお客様の前で舞台に立つというありがたい機会に恵まれました。 あのすべての本番が中止になった3月…この機会にレパートリーを増やすとか基礎練習をするとか楽譜の整理をするとか、いくらでもやることはあったはずなのに、無気力になっ…

本日のお客様は学童の子どもたち!

もう半年になります。 集まってはいけない。くっついてはいけない。大声で話してはいけない、笑ってはいけない、歌ってはいけない。 コンサートは中止。 演奏する人も、お客様も、裏方さんも、コンサートに関わる人みんな、会えなくなってしまいました。 「…

久しぶりのステージ

今日は本番!数えてみたらステージに立つのは2月末以来、なんと5ヶ月ぶり! これまで学生さんたちの伴奏は数え切れないほど引き受けてきました。 学校の生徒さんや教え子達、技術や経験はまだ成長の途中ではあっても、真摯に音楽に取り組む姿勢に刺激される…

ドビュッシーと日本の昔話

絵本の読み聞かせを始めてから15年が経ちました。 息子の通う小学校で読み聞かせボランティアの募集をしていました。 読み聞かせはやったことがなかったけれど、絵本が好きだったことと、何より一年生になったばかりの息子が学校でどう過ごしているのか覗い…

命尽きた後、残るもの

明日は夫の師匠の誕生日…先生はウィーンフィルハーモニーのトランペット奏者でした。 亡くなった後、楽器の処分に困った奥様から相談を受けたことがありました。 私にはよくわかりませんが、おそらく名器がたくさん残っていたのでしょう。 奥様としてはどこ…

雨の日はラヴェルを聴いてみませんか

最近は「梅雨入り宣言」はしないのですね。 「梅雨入りしたとみられる」となんだかはっきりしない表現…。 もっとも昔とは気象条件も変わって来ていて、ピンポイントで大雨や竜巻があったりするし、一括りに「どこどこ地方」と発表しづらいのかもしれませんが…

心をなぐさめ、癒し、向き合うのは

自粛生活にも慣れてきて毎日のごはん作りが楽しめるようになりました。オンラインレッスンもコツがわかってきたので生徒さんとのやりとりもスムーズになり、また皆さん時間があるのでよく練習してあってオンラインでもぐんぐん進んでいます! 社会全体も「気…

ピアノに向かう気持ちになれない日々

長引く自粛生活、外出を控えてはいるものの、食事や雑貨の買い物に出るついでに住宅地を散歩しています。 なぜ住宅地かというと「密」を避けられるだけでなく、街路樹や道端の雑草、お宅のお庭で丹精された花木がとてもとても美しく、目を楽しませてくれるか…

オンラインレッスンに思う

「3つの密」を避けるために自宅レッスンをお休みして、希望者にはオンラインでレッスンをしています。 また、兼任講師を務める高校の音楽科でも、オンラインでのレッスンが始まりました。 「オンラインってどうやるの?」から始まって、何のアプリを使うのか…

春を告げる頼朝桜

被災地応援コンサートに行ってまいりました。 館山自動車道の鋸南保田ICが近づくと、屋根にブルーシートがかかった家があちらこちらに目につきます。 台風15号による被害があったのは昨年10月の中旬でした。それがまだ?どこからも復興の費用がおりないのか…

海と山に囲まれて…被災地応援コンサート

台風15号による被害を受けた房総の鋸南町。 町名は鋸山の南に位置することからついたこと、そもそも「きょなんまち」と読むことも、初めて知りました。 被災地でのコンサートの企画、演奏を積極的に行なっているグループ「音楽で被災地を支援する会」(代表…

仲間と共に音楽を紡ぐ幸せ

ピアニストは孤独。いつもひとりでピアノに向かう…私の性分にはまったく合わない。学生時代からみんなとワイワイ音楽をするのが大好き。そんな私にとって「吹奏楽団との共演」という夢が叶いました。 柏市民吹奏楽団第61回演奏会。 ガーシュウィン「ラプソデ…

弦楽四重奏、たった4人で繰り広げる無限の可能性

第8回つくばリサイタルシリーズ 「Quartet Amabile」〜若き才能の織りなす未来の音〜を聴いてまいりました! この素晴らしい演奏会を一般千円、学生無料で聴くことができるのは、企画運営を学生による実行委員会が主催していること、大学を始め地域の企業や…

ノリノリで!ラプソディインブルー

2月2日に本番を控え、柏市民吹奏楽団の練習に参加してまいりました。 私が共演させていただくのは、ガーシュウィンのラプソディインブルー。 いつもはオケのパートを想像したり歌ったりしながらひとりで練習しているので、バンドの皆さんとご一緒できて最高…

舞台袖で思わず感涙…

生徒さん達の発表会が無事に終わりました。 今年もまたひとりの欠席者もなく、皆さんが努力を重ねた成果を舞台で発表できて本当によかったです。 第一部は幼児と小学生。小さい子どもがひとつのことを目標に練習を重ね、誰にも頼らないでひとりで舞台に出て…